ネットで出会った女性から軽いストーカー行為をされた体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートパソコン ペン ノート

ネットで出会った女性から軽いストーカー行為をされた体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、石川県小松市在住、25歳、販売員の男性です。

この男性も言っている通り、ストーカー行為としては軽い部類だと思います。

それは他のストーカー被害を受けた体験談と比較するとという意味です。

ストーカー行為とは、恋愛感情に基づいて繰り返し、つきまとい行為をすることですので、この体験談もそうです。

ですが、そこまで繰り返し、つきまとい行為をしている訳ではないですし、すぐにやめてくれたので、結果的にはよかったと思います。

ネットで出会った女性から軽いストーカー行為をされた体験談

女性 泣く シャワー

私は男性ですが、過去に女性からストーカー被害に遭いました。

現在は25歳で被害にあったのは19歳の頃です。

自分のプロフィールをサイトに載せる

当時、自分のプロフィールをサイトなどに載せて自分の事を知ってもらうというのが流行っていました。

自分の名前や性格、住んでいるところなどを載せてましたし、自分の写真も載せてました。

プロフィールの下の方に自分の携帯電話の方にメールが送れる機能があり、それも利用していました。

一通のメールが受信される

ある日、仕事の休憩中に一通のメールが受信されていました。

「プロフィールからきました。絡んでください。」と書かれており、最後に女性の名前が書かれていました。

最初はいたずらだと思いましたが、やっぱり私も男ですから返信をすぐにしました(笑)

「プロフィール見てくれてありがとう。絡みましょう。」と送った約10分後に返信がきました。

「私も石川県なんですけど、石川県のどのへん住んでるんですか?」と書かれており、私はさすがにプロフィールに石川県と書いてありましたが、具体的には教えるのは怖いので「それは仲良くなったら教えます(笑)」などと書いて返信しました。

そんなたわいもないメールのやり取りを1週間ぐらいしてたある日の昼頃、「電話番号教えて!」とメールがきました。

私もさすがに女性から電話番号を聞かれると嬉しいですから、普通に教えました(笑)

その日の夜に電話が掛かってくる

するとその日の夜に、知らない電話番号から電話がかかってきました。

おそらくメールをしてる女性からだと思いましたが、まだ私自身本当にこの人は女性なのかなと半信半疑だったのですが、電話で声を聞けば確信に変わるだろうと思い、電話に出ました。

すると高い声で「もしもし〜?」と聞こえてきました。

その瞬間女性だと思い、なんかホッとした自分がいました(笑)

そのまま電話は1時間ぐらいずっと続きました。

話しててすごく楽しかったですし、声とかも正直可愛いなと思いました。

まだ私も19歳でしたから女性と絡むという経験が浅かったので、正直、こうやって女性と連絡を取るのはすごく心地が良かったです。

その女性と会うことになる

そのまま毎日のように電話をしていると少し会ってみたいという気持ちになってきて、ついにその女性に「今度暇な日に遊ぼう」と私の方から言いました。

すると「全然いいよ」と言ってくれたので、お互い休みの日を伝えて会うことになりました。

正直、顔も見たことないので、いろんな意味で緊張してました。

場所はお互いそんなに遠くなかったので、自分の車で迎えに行くことにしました。

そして、その日に会ってご飯を食べたり、色んな話をして1日を終えました。

感想なのですが、実は正直その女性には言えませんが、あまりタイプではなかったです(笑)

でも一緒にいて楽しかったり、共通の趣味があったので盛り上がったりと、友達として一緒にいる面では最高だなと思いました。

好きとかの感情は、正直、なかったです。

それから2回ぐらい会いました。

その女性とご飯を食べたり、ドライブをしたりしかしてません。

それ以上は何もありませんでした。

やっぱり恋愛感情はなかったので、そういう行為まではいかなかったです。

自分に彼女ができ、女性にもう連絡を取れないことを伝える

ただ私自身も彼女という存在が欲しくて焦っている時期だったので、友人に女性を紹介してもらったりしてました。

すると、紹介してもらった女性が自分の大好きなタイプでした。

めでたくお付き合いさせていただく事になりました。

そうなってくると他の女性と連絡を取ってるとお付き合いした女性に申し訳ないので、プロフィールから知り合った女性と連絡を取るのをやめようとプロフィールから知り合った女性に「彼女が出来たから連絡を取るのをやめよう。もしどこかで会った時はまた普通に話そうね。いままでありがとう。」とメールを送信しました。

正直、まだ人生経験も浅い私ですから、いい言い方が思いつかなかったのでこんな言い方しか出来なかったです、、。

女性「連絡を取るのやめるの嫌」

そのメールを送った1時間後ぐらいに電話がかかってきました。

プロフィールの女性です。

内容が「連絡を取るのやめるの嫌」でした。

私の事を好きになってしまったらしく、会えなくなるのが辛いとの事でした。

ただ私は彼女を傷付けたくなかったので、「ごめん、もう連絡取りたくないと」と今度は電話越しに伝えました。

すると泣き出してしまいました。

どうしていいかわからなかったので、ひたすら謝りました。

すると電話が切られました。

そこから1週間はなんの音沙汰もなかったです。

すると、その電話の1週間ぐらいにメールで「会いたい。」と送られてきました。

私は彼女にこのやり取りをしているのを見られるとまずいと思い、無視をして削除しました。

そこから電話がかかってもきましたが、また無視しました。

10件ぐらいかかってきたのですが全部無視をして、挙句には着信拒否をしました。

メールもアドレスを変えました。

そうするとプロフィールの方からメールで「なんで電話もメールもしてくれないの?」ときました。

もうここまでくると怖くなってしまい、プロフィールも削除しました。

自宅に女性が来る

すると、その3日後ぐらいに仕事から自宅に帰ってくると見たこともない人が家の前にいました。

プロフィールの女性でした。

実は仲良くなってから自宅の場所を教えていたのです。

ただ家に招いた事もないですし、教えたと言っても「◯◯市の◯◯の近くだよ」としか言ってませんでした。

いまだにですが、なぜ自宅がわかったのかは不明です。

とりあえず「なんでここにいるの?」と少し強めに言って帰そうとしたのですが、泣き崩れてその場から離れようとしませんでした。

もうどうすることもできなくなった私は、その場から離れて夜中まで帰りませんでした。

夜中まではさすがにいませんでした。

ポストに手紙が入っている

ただ、ポストに手紙が入っており中身を見てみると、「また会える事を楽しみにしています」と書かれていました。

プロフィールの女性からでした。

もう怖くてすぐに捨てました。

まとめ

そこから6年ぐらい経ちましたが、もう何もありません。

ストーカー被害の実体験としては弱い内容だと思いますが、ストーカーは基本的に女性が被害者になる事が多いと思いますが、男性にもあるということを伝えたくて投稿させていただきました。

プロフィールの女性に対してストーカーという風に書くとその女性に悪い気もしますが、私から言わせてもらうと付き合ってもないですし、そんな素振りも出したつもりもないです。

ただ私も若かったので、期待をさせるような言葉や行動をしていたのかもしれません。

正直、全部が女性のせいだとは思ってません。

ただ家まで来たのはびっくりです(笑)

住所も教えてないのに(笑)

ちなみにその女性は同い年でした。

住んでいるのは隣の地域です。

その地域に住んでいる私の友人と結婚したみたいです。

管理人の解説

解説

ネットでの出会いは、軽い付き合いであったり、そこまで執着することはないように思われますが、そんなことはありません。

実際に会ってしまえば、どのような出会いかには関係なく、恋愛感情は生まれますし、恋愛感情が生まれてしまえば、ストーカーになってしまう可能性はあります。

ですので、ストーカー行為の被害を防止するためには、安易にプロフィールや個人情報、写真などのアップはしないほうがいいです。

今はFacebookなどのSNSで実名や写真のアップ、個人情報などをアップするのがふつうとなっていますが、実はとても怖いことなのです。

今回のケースは、ストーカー行為の初期段階でストップしてくれたからよかったですが、エスカレートするのが一般的です。

そうなってしまっては、対処するのが難しいです。

そうなる前の防止策を取りましょう。

ストーカーの統計

💡ストーカーの相談件数や被害者と加害者の関係性の統計

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする