妻の浮気は本気になり、離婚につながる確率が高い?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻の浮気は本気になり、離婚につながる確率が高い?!

現段階では、妻よりも夫の方が浮気している数は多いと言われています。

統計やデータでも、7:3、もしくは6:4ぐらいの割合で夫の方が浮気しているといった数字が出ています。

それが真実なのかどうかは、すべての夫婦からアンケートを取っている訳ではないですし、本当の事を言っていない可能性もあるので、わかりません。

ですが、確実に存在していることは確かでしょう。

ところで、その浮気が原因で夫婦の関係はどうなってしまうのでしょうか?

浮気が本気になってしまえば、当然、離婚につながる確率は高くなってしまいます。

夫と妻で、浮気が本気になってしまう人の数はどれくらい差があるのでしょうか?

そのことについて、今日は考えていきたいと思います。

妻の浮気は本気になり、離婚につながる確率が高い?!

■男性

妻以外の女性を好きになったことがありますか? Yes:52% No:48%

その恋はどこまで発展しましたか?(Yesの人対象)
特に何もなかった:33.1% 電話やメールのやり取りした:12.3% デートした:16.2% セックスした:35.4%

妻に後ろめたさを感じましたか?Yes:53.1% No:46.9%

家庭生活と「婚外恋愛」は両立できると思いますか? Yes:46.4% No:53.6

離婚してもいいと考えましたか? Yes:26.2% No:73.8%

■女性

夫以外の女性を好きになったことがありますか? Yes:29.2% No:70.8%

その恋はどこまで発展しましたか?(Yesの人対象)
特に何もなかった:17.8% 電話やメールのやり取りした:20.5% デートした:24.7% セックスした:31.5%

夫に後ろめたさを感じましたか?Yes:39.7.1% No:60.3%

家庭生活と「婚外恋愛」は両立できると思いますか? Yes:30.8% No:69.2%

離婚してもいいと考えましたか? Yes:32.9% No:67.1%

引用:Yomiuri Weekly 2004.912 妻たちの「婚外恋愛」時代

少し古いデータで恐縮なのですが、2004年に500人男女にアンケートした結果が上のように出ました。

配偶者以外を好きになったことがあり、浮気に発展したのは夫のほうが若干多い結果です。

ここで注目してほしいのは、『家庭生活と「婚外恋愛」は両立できると思いますか?』と『離婚してもいいと考えましたか?』の質問です。

家庭生活と浮気の両立ができると思った人は、夫の方が多く、離婚してもいいと思った人は、妻の方が多かったのです。

この2つの結果から考えられるのは、夫よりも妻の方が浮気に本気になりやすい傾向があるということです。

両立ができるということは、まだそこまで浮気に本気になっていない証拠ですし、妻は離婚してもいいと考えている人が多いということは、浮気相手と一緒になりたいと考えているということです。

離婚してもいいと考えている人の数字は僅差でしたが、両立はできないと考えている妻の人が多いことから、このYes、Noには数字以上の差があると考えられます。

おそらく、『Yes』、『No』、そして、『どちらでもない』が加わっていたら、また違った結果となっていたでしょう。

やはり、男性よりも女性のほうが、浮気に本気になりやすい傾向があるのです。

浮気に本気になってしまえば、やはり、離婚につながる確率も高いと言えるでしょう。

それと、後ろめたさを感じる人の割合が女性の方が少ないことから、浮気をしている時、妻はすでに夫のことを好きではなくなってしまう人が多いこともわかります。

妻の浮気は見抜くのは困難

妻の浮気は見抜く

上のデータから、妻は浮気に後ろめたさを感じている人が少ないことがわかりました。

後ろめたさが少ないということは、感情の変化が少ないということです。

つまり、妻の浮気を見抜くのは困難だと言えます。

よく、夫が妻の浮気に気づいた時には、間男に本気になっており、時すでに遅しと言われますが、本当にその通りなのです。

もちろん、全員が後ろめたさを感じていない訳ではなく、後悔していることもあるので、そういう場合は浮気を見抜くことができることもあるでしょう。

ですが、基本的には男性が女性の嘘や変化を見抜くのは困難です。

その前提に立って、何か行動を移す必要があるでしょう。

さもないと、いつの間にか妻が浮気に本気になっており、離婚話を持ち掛けられてしまうでしょう。

妻が浮気に本気になる理由

妻 浮気 本気

そもそも、なぜ妻は浮気に本気になってしまうのでしょうか。

もちろん、そうならない女性もいるのですが、浮気に本気になってしまう人が多いのも事実です。

寂しさを埋めてくれるから

夫の仕事が忙しくて、夜帰ってくるのが遅かったり、休日も出勤だったり、出張で長いこと家を空けることが多くなると、女性はどうしても寂しさを感じてしまいます。

たとえ愛情を注いでくれていたとしても、会えない時間が増えると、どうしても孤独を感じてしまうものです。

そうなると、いつでも会えるフリーターや自営業の男性、学生などにハマってしまうことがあります。

出会いは、今の時代、SNS、出会い系などネットですぐに探せてしまいます。

【関連】2位は出会い系・ネットゲーム!不倫相手と出会った場所~統計・データ~

男性が女性に会うのは難しいですが、女性が男性に会うのはとても簡単です。

いつでも会える浮気相手に最初は寂しさを埋めてもらうだけの存在が、いつしか情が移り、本気になってしまうことがあります。

寂しさを埋めくれる彼だけが頼れる存在だと、認識するようになるのです。

浮気相手の方が魅力的に見えるから

浮気相手の方が魅力的に見えてしまった場合も、浮気が本気になる確率が高いです。

具体的には、年収、顔、容姿、社会的地位、性格などです。

結婚ではなく、付き合っている時と同じような感覚で男性を好きなってしまいます。

基本的に、女性は一人の男性しか好きになることはできません。

そのため、浮気相手の方が魅力的に感じてしまったら最後、本気になってしまうのです。

浮気相手の男性に本気であることを伝えられたから

妻から浮気に本気になるのではなく、男性の方が熱を上げ、夢中になってしまうことがあります。

そうなると、最初は浮気に本気ではなかった妻も、男性の熱意に負けてしまうことがあります。

好きと告白してきた異性の事が気になってしまう現象と同じことが起こってしまうのです。

これを好意の返報性と言います。

もし夫が妻に対して、普段から好意を示していない場合、特に危険です。

浮気相手の男性に対して、本当に自分の事を愛してくれるのは、夫ではないと感じてしまうことがあります。

そもそも遊びと本気の浮気の違いは何?

遊びと本気の浮気の違い

そもそも遊びと本気の浮気の違いと何なのでしょうか?

人によって、意見が異なることだと思いますので、私なりの解釈を示したいと思います。

遊びの浮気とは

まず遊びの浮気とは、いつ浮気相手と別れても大丈夫ぐらい軽い気持ちでいることだと思います。

そもそも遊びの意味は、生きるために必要ではないことと定義されることがあります。

夫婦であれば、お互いは生きるために必要な存在であると言えます。

ですが、遊びの浮気であれば、相手は別にいてもいなくても、生活には全く支障がない存在だと言えます。

本気の浮気とは

本気の浮気とは、浮気相手が生きていくために必要な存在にまでなってしまったことだと思います。

日本の法律では、一夫多妻制は許されていませんので、配偶者を失っても大丈夫なぐらい浮気相手に夢中になってしまっている状態だと言えます。

もっと具体的に言えば、離婚することも覚悟できている状態でしょうか。

それが、本気の浮気だと思います。

妻が浮気に本気になってしまったら修復は無理?!

修復

妻が浮気に本気になってしまった場合、夫婦関係を修復することは可能なのでしょうか。

私の意見を言わせてもらうと、修復はかなり難しいと言わざる得ません。

本気の浮気とは、離婚してもいいと思っている状態ですので、そこから結婚当時の信頼関係を取り戻すのは並大抵のことではありません。

まず、妻が”その禁断の恋”から目を覚まさせるがきでるのかわかりませんし、仮にできたとしても、夫が再び妻を信頼できるのか不明です。

もちろん、修復できる可能性がゼロであるとは言っていません。

ですが、妻が浮気に本気になってしまたら、かなり厳しい状況であるのは間違いありません。

それでも夫婦関係を再構築したい場合

再構築

それでも、夫婦関係を再構築したい場合はどうしたらいいのでしょうか。

まずは、浮気相手と別れさせる必要があります。

『別れたくない』と言った主張を説得して、考え直させる必要があります。

ここで、素直に別れると言って、携帯の履歴をすべて消去したとしても、それが本当なのかどうかはわかりません。

今の時代、SNSなどで簡単に連絡を取れるので、携帯の履歴を消してもあまり意味がないと思ったほうがいいです。

また、連絡を取り合って、すぐに再会する可能性があります。

それが本気の浮気です。

ですので、誓約書を作成して、今度再び会って不貞した場合、違約金を支払う契約を結ぶのがオススメです。

そうすれば、二人が再開する確率を下げることができます。

後は夫婦の話し合いです。

なぜ、浮気してしまったのかなど、掘り下げてお互いの不満を言いあった方がいいです。

ですが、決して問い詰めたり、責めたりしてはいけません。

お互いの考えや感情を理解するようにしてください。

それができないと、浮気の本気から夫婦関係を再構築することは絶対にできません。

それに、すぐに再構築できるとも思わない方がいいです。

そんなことは、無理です。

数年、長ければ10年以上、夫婦関係を再構築するのに時間が掛かるかもしれません。

それでも、やり直したいといった覚悟が必要です。

それほど、浮気の本気から夫婦関係を再構築するのは難しいことです。

二人だけでは無理だと思ったら、カウンセラーに相談するのもいいと思います。

二人だけの話し合いだと、どうしても客観性に欠けてしまうので、第三者を入れることでそれを避けることができます。

カウンセラーが嫌だという人は、共通の知人、友人に相談するのもいいと思います。

そこまですれば、離婚を回避することができ、夫婦関係を再構築できる可能性は高いでしょう。

【参考】夫婦関係修復のために探偵・興信所に浮気調査を依頼

妻の浮気が本気になって離婚した体験談

夫の浮気が本気になった体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする