既婚者二人が不倫、駆け落ちし、行方捜索した体験談

カップル 駆け落ち

既婚者二人が不倫、駆け落ちし、行方捜索した体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、愛知県名古屋市在住、50歳の男性です。

既婚者二人は職場の同僚だったということです。

警察に捜索願(現在の行方不明者届)を提出したようですが、基本的に成人男性、成人女性が駆け落ちしたところで、実際に探してくれることはありません。

事件や事故に巻き込まれたのであれば別ですが、そうでない限り、探してはくれないのです。

そのような時、頼りになるのが探偵です。

どうあがいても、素人とプロの間には調査力、ネットワークにはかなりの差がありますので、どうしても探したい場合、探偵に依頼するようにしましょう。

原一探偵事務所(公式ホームページ)

(詳しい情報→原一探偵事務所の口コミ・評判・特徴、費用

原一探偵事務所 クーポン
(当サイト限定の基本料金40,000円が半額の割引クーポンあり)

それはさておき、この二人は見つかったのでしょうか?

体験談をご覧ください。

既婚者二人が不倫、駆け落ちし、行方捜索した体験談

駆け落ち カップル 夕日

既婚者二人が不倫、駆け落ちする

私は名古屋市内のガソリンスタンドに勤務しているのですが、数年前、同じスタンド勤務の既婚者の男性と既婚者のパート女子社員が同時に二人共いなくなりました。

状況から見て、不倫、駆け落ちのようでした。

私には仕事上以外関係のない人物でしたが、二人の家族に協力を頼まれ、会社社員も捜索に当たると言う事になり、少し大規模な人探しをしました。

男性の方は、その日はゴルフに行く、女性のほうは、買い物に行くといって出かけたそうで、捜索開始から、約5時間後、市内のスーパーの駐車場で女性の軽自動車が見つかりました。

駐車場の監視員情報から、女性は同じ職場の男性といた事が分かりました。

警察に捜索願いを出す

それからやく5時間ほど、手分けして、2人の行きそうな所、カップルの行きそうな所を捜索したのですが、二人は見つからず、おそらく一緒にいると言う事で警察に捜索願いを出しました。

東海地区三県に捜索願を出して、警察にも動いてもらう事になり、捜索は約72時間、三日間にも及びました。

仕事の合間、仕事の後、ほとんど寝ずの捜索でしたが二人の行方は分かりませんでした。

二人の家族、特に女性の家族は、不倫、裏切りの為か、異常なほど、捜索を続け、私にも、捜索の協力を依頼してきました。

私の職場での管理にも責任があると言われ、協力を断る事は出来ませんでした。

男女のカップルが車の中で自殺しているとう情報が入る

捜索を開始してから4日後に近県の岐阜県で、男女のカップルが車の中で自殺していると言う情報が入ってきて、かなり緊迫した場面もありました。

確認した結果、2人とは別人でした。

安心しましたが、以前2人の行方は分かりません。

仕事の都合もあり、捜索の人数は日に日に少なくなっていきました。

家族は警察にもう少し捜索の規模を広げて欲しいと言ったのですが、警察は「これ以上捜索しても無駄、捜索願は全国に出しても、直接の捜索は出来ない。」ということでした。

職場に手紙が届く

2人の行方はとうとう分からないまま、一週間半が過ぎた頃、私宛に職場に手紙が届きました。

勝手な事をしてごめんなさいと言う、2人からのお詫びの手紙でした。

手紙の消印から大阪府、寝屋川市とされている事が分かりました。

通りすがりから出した物か、その周辺に2人がいるのかは判りませんが、2人の家族にその事を伝えると、女性の友人だったと思われる同級生が大阪府寝屋川市に住んでいる事がわかり、女性の母親がその友人に連絡を取ってみると、そんな人は知らないと言われたようでした。

私も一応2人の職場の上司と言う立場でその人に連絡をしたのですが、やはり、知らないと言う事でした。

三週間後に一本の電話

もう完全に諦めていた三週間少し過ぎた頃、その友人から私に電話があり、「2人はここに居る。もうかばい切れない。」という事をつげられました。

女性の家族にそれを告げたところ、すぐに大阪府寝屋川市に迎えに行き、女性だけを連れて帰ってきました、

それから三日後

男性の方はそれから三日後私の所へ、「帰ってもいいかな?」と電話が掛かって来ました。

帰って来いと電話口で告げると、それから二日後、男性は家族の元に帰ってきました。

約一ヶ月に及ぶ不倫・駆け落ち騒動の人探しでした。

その後

帰ってきた2人は、お互い離婚して一緒に住む事になりました。

私は結局、二人の家族、特に女性の家族から管理責任を問われ、言いがかりともいえる苦痛の言葉を浴びました。

客商売という事もあり、二人の噂は瞬く間に広がっていき、二人とも職場に復帰する事は出来ませんでした。

地元に居ることが出来なくなった二人は、地元を離れ、お互いの慰謝料を支払いながら二人で暮らした居るようです。

自分が経験した人探しは、かなり大掛かりで、テレビのドラマを思わせるような不倫・駆け落ち騒動でした。

管理人の解説

解説

駆け落ちとは小説や映画のようですが、意外にあるものです。

未婚者であれば、結婚に反対の親からの駆け落ちなどが考えられますが、今回のケースではダブル不倫で既婚者同士でした。

もし子供が駆け落ちした場合、警察に行方不明者届を出すことを考えると思いますが、あまり意味がないのが現状です。

もちろん、提出したほうがいいのですが、実査に警察が捜索することはありませんので、自分達の手で探さなければなりません。

その時に捜査協力してくれるのが、探偵事務所です。

探偵の業務は浮気調査だけだと思われがちですが、実は行方不明者捜索も仕事の一つです。

独自のネットワークを使ったり、人海戦術を駆使して、対象者を探し出します。

駆け落ちは、遭難などと違って命の危険はないように思われますが、そんなことはありません。

駆け落ちで自殺するカップルもいるのです。

ですので、駆け落ちだからといって、悠長に構えている暇はありません。

それに、時間が経てば経つほど探し出すのは困難です。

ですので、駆け落ちした二人の行方を捜索するため、いち早く行動するようにしましょう。

原一探偵事務所(公式ホームページ)

(詳しい情報→原一探偵事務所の口コミ・評判・特徴、費用

原一探偵事務所 クーポン
(当サイト限定の基本料金40,000円が半額の割引クーポンあり)

*上記リンク先の電話番号が『半額の割引クーポンを識別するコード番号』を併せ持っています。ですので、半額の割引料金で利用するためには、必ず上記リンク先の電話番号から無料相談をしてください。

*お電話時に『クーポンID』をお伝えください。

*盗聴器発見調査では、半額の割引クーポンは使えません。

タイトルとURLをコピーしました