子供を連れて家出した妻及び子供の居場所調査を探偵・興信所に依頼

子供を連れて家出した妻及び子供の居場所調査を探偵・興信所に依頼

子供を連れて家出した妻及び子供の居場所調査を探偵・興信所に依頼した体験談です。

妻・夫が家出してから、まったく帰ってこない

家出したパートナーが心配

探偵・興信所に家出人捜索の依頼を検討している

このような状況に置かれている方は、是非、この体験談も参考にしてみてください。

子供を連れて家出した妻及び子供の居場所調査を探偵・興信所に依頼

妻 家出 焦る 夫 サラリーマン

探偵・興信所への相談

はじめて、調査を依頼しましたのでどこに調査依頼をすれば良いのか迷いましたが、担当者にお会いしてから決めました。

まずは、インターネットで申し込み、指定された場所で面談することになりました。

相手は、40才前半の女性の方でした。

依頼する概要を話した後、先方からどのような調査方法があり、どのような期間がかかり、どの程度の費用が掛かるのかの説明を面前で受けました。

その上で、当方が依頼する調査内容を詳しく話すことになりました。

正式依頼をするかどうか決心するまで数日をもらいましたが、決心をして連絡をすると、先方から書類が送られてきました。

それに基づき、まず、手付金を支払いことになりました。

その着金を確認後、再度、面談することになりました。

2回目の面談で、詳しい調査方法や調査結果の報告方法などの説明を受けました。

その説明後に契約書やいくつかの書類に署名し、調査の開始が決まりました。

ただ、プライバシー保護の観点から、調査方法にも一定の限界があり、さらに、獲得できた情報でも全てを開示できる保証は無いとの説明も受けました。

その調査方法や作戦を決めるために、どういう状況でいつ家出をしたのか、連絡方法はあるのか、どこか立ち回りする可能性の高い場所はあるのか、など細かいことまで聞かれました。

金額的にも当初考えていた額を遥かに超える高額であったことにも驚きを感じましたが、その調査方法や複数人数対応の説明を受けると、それなりに理解はできました。

家出人調査の開始と結果

定期的に家内が立ち回る場所の候補はいくつかありましたので、その場所を中心に日程を決めて、複数人で周辺に配置されることになりました。

何度目かのトライの後で、妻はその近辺に現れ、尾行することが開始されました。

妻が電車、バス、自転車などどの方法で移動するのかを事前に知ることはできませんでしたので、車チームと電車チームにわかれてそれぞれ複数人で自宅まで尾行が完遂されました。

途中、尾行を警戒し、複数の店舗に寄ったり、何度も電車を乗り換えたりしたようです。

時間はかなりかかったようですが、調査の目的は達成することができたようでした。

ただ、期待していた報告書には、プライバシーの見地から詳細情報を開示してもらうことができず、報告書に記載されたある程度の範囲でしか居住地は教えてもらえませんでした。

ただ、妻が無事に元気に生活していることを確認できただけでも収穫になりました。

その後

その後、報告書の記載を元に、自分で調査をすすめ、かなり近いところまで情報を得ることができました。

費用が可成りかかったわりには、提供してもらえた情報が期待に届かなかったので、不満は残りましたが、その僅かな情報を元に、自分で現場調査を地道に進めることができましたので、調査依頼をしたことにはそれなりの効果はあったのだと理解するようにしています。

たとえ調査結果で細かい情報を得られたとしても、一昔前のように全ての情報を依頼者に開示できるとは限らないそうです。

その情報が元で何らかの事件が起きた場合には、その探偵会社の責任問題に成りかねないとの状況を考えて、業界内での自主規制なのか、警察からの指導なのかで、依頼する側から見ると歯がゆい気がします。

プライバシー保護が優先される世の中では、理解できる面もありますが、その反面で、町中に張り巡らされた監視カメラのネットワークの現状を見ると、世の中矛盾しているのでは無いかと感じる時もあります。

行政上はプライバシー侵害はしてもよいが、個人的には厳格に規制しているようです。

行政側の取得したプライバシー情報をどのように国が管理し、どのように活用しているのかを国民に広く説明して欲しいと、この機会に改めて感じました。

探偵調査は私的にはニーズは有る反面、調査される方のプライバシーとの兼ね合いの中で、難しい面があることを知りました。

管理人の解説

妻や夫、そして子供たちが家出してしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

警察は民事不介入のため、上記のようなケースでは積極的に動いてくれることはありませんので、あてにできません。

そうなってくると、自分で調査するか、探偵・興信所に依頼するかです。

まず自分での調査ですが、それで問題が解決できれば一番手っ取り早いです。

SNSやGPS機能などを利用したり、友人や義両親等に連絡したりして、妻や夫及び子供の捜索を開始しましょう。

ただ、あなたがこのページを読んでいるということは、もうすでに自分での調査はやってみたけれど、問題解決には至らなかったという方が多いと予想します。

そうなってきますと、最終的には探偵・興信所に家出人捜索をしてもらうことになります。

費用は掛かりますので、そこは考慮しないといけませんが、「どうしても探し出したい!」「身の安全が心配だ!」と考えているのであれば、調査を依頼するのがオススメです。

家出人捜索に関しましては、当サイトでは原一探偵事務所をオススメしております。

原一探偵事務所は、人探しにおいて屈指の探偵事務所です。

是非、当サイトから使える割引クーポンもご利用ください。

原一探偵事務所 クーポン
(当サイト限定の基本料金40,000円が半額の割引クーポンあり)

*上記リンク先の電話番号が『半額の割引クーポンを識別するコード番号』を併せ持っています。ですので、半額の割引料金で利用するためには、必ず上記リンク先の電話番号から無料相談をしてください。

*お電話時に『クーポンID』をお伝えください。

*盗聴器発見調査では、半額の割引クーポンは使えません。

このページを読んでいる人にオススメの記事

タイトルとURLをコピーしました