不倫発覚のきっかけの6割は携帯・スマホから!アンケート調査より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ・携帯

夫や妻の不倫発覚のきっかけは何だったのか、不倫被害者である10~50代までの男女100人にアンケート調査を実施しました。

調査実施日:2017年02月14日

調査方法:インターネット調査

実施者:探偵事務所・興信所調査の浮気スナイパー

アンケートに答えてくれた男女比は以下の円グラフの通り、女性70人、男性30人です。

もう一度言いますが、アンケートの答えてくれたのは、不倫をされた側の夫や妻です。

つまり、女性が70人ということは、夫が70人不倫したことを意味し、男性が30人ということは、妻が30人不倫したことを意味します。

この結果から、昔は主に男性が不倫すると考えられてきましたが、女性でも不倫する時代になってきたことがわかります。

ただ、100人中、30人が妻の不倫という結果は、まだ少ない数字だと考えられます。

他の統計・データを見ますと、不倫する半分近くが女性であるといった結果もあります。

次に、夫や妻に不倫された時の、アンケートに答えてくれた人の年齢です。

20~30代が多いです。

次に、不倫された時の夫や妻の年齢です。

これも20~30代が中心です。

そして、いよいよ夫や妻の不倫発覚のきっかけは何だったのかというアンケート結果です。

不倫発覚のきっかけは何?!~アンケート結果~

(※スマホで見ている方は、グラフをタップすれば…の文字が読めます)

予想通りというか、携帯やスマホから不倫が発覚した割合が最も高いことがわかりました。

ただ、携帯やスマホから不倫が発覚といっても、様々なパターンがありました。

(以下、年齢は不倫が発覚した時のものです。)

『主人の携帯をみたこと。女性からラインが来ていてその内容で発覚。』(40代・女性)

『携帯電話を見ました。』(20代・女性)

『スマホに相手からのメールがきていたのを盗み見して』(40代・男性)

『夫の携帯をふと見てしまった時に、携帯のポップアップに彼女からのヌード写真が届いていたので。』(30代・女性)

『携帯電話の着信履歴から』(20代・女性)

『スマホを見たところ出会い系サイトに登録し会ったりしていることが発覚』(30代・女性)

『充電中にスクリーンセーバに相手の写真が流れたから』(30代・女性)

『携帯で不倫相手へのメール作成中に寝ていた』(20代・女性)

『機種変更前の携帯電話を見て発覚』(50代・女性)

このように、携帯やスマホを覗き見して、LINEやメール、着信履歴をチェックして不倫が発覚したというパターンがまずありました。

他には、以下のような声もありました。

『自宅でこそこそ電話している姿を見てしまった』(20代・男性)

『スマホを手放すことがなくなった』(30代・女性)

『携帯を頻繁に持つ様になりソワソワしていた』(20代・女性)

『夫が間違えて私に不倫相手に送るメールを送ってきた事から発覚致しました』(30代・女性)

これらの場合は、携帯やスマホを覗き見た訳ではなく、夫や妻の行動から不倫が発覚したパターンです。

携帯・スマホからの発覚に次いで、多かったのが生活や態度の変化でした。

例えば、以下のような声がありました。

『不自然な外出から不倫が発覚』(30代・女性)

『妻の様子が変わり不倫に私が気づきました。具体的には、洋服がおしゃれになったり、電話がかかってくる頻度が上がったりの変化がありました。』(30代・男性)

『急に態度が変わり、冷たくなった。』(20代・女性)

『帰宅時間が遅くなってきた』(40代・男性)

『お金の使い方が荒くなった』(20代・女性)

やはり、急に生活や態度が変化したら怪しいですよね。

そして、意外に多い結果となったのが、知人が教えてくれて不倫が発覚したということです。

『私の知人が不倫現場を目撃』(20代・男性)

『会社が同じだったので同僚からの密告です』(30代・女性)

『知り合いに呼び出されて告げ口のように話された』(30代・女性)

『人伝で噂を聞いて知りました』(10代・女性)

『友達がショッピングセンターの駐車場の車の中で旦那と知らない女がイチャついてるのを発見して教えてくれた』(20代・女性)

『友人が自分とやった、とばらした』(20代・女性)

同僚や知人が不倫を目撃したりすることも結構あるようです。

また、不倫相手の友人が言ってくることもあるのですね。

そして、気になるその他には以下のような声がありました。

『口紅がシャツについていた』(30代・女性)

『実家から帰宅後、トイレに茶髪の髪の毛が3本落ちていた。(家族に茶髪はいない)靴下の裏側やワイシャツにも茶髪の髪の毛が付いていた。』(30代・女性)

『ホテルなどのカードやレシートを見つけた。』(20代・女性)

『別居中に自宅に相手がいて出くわした』(20代・女性)

『指輪の領収書が机の上にあったから』(30代・女性)

『帰宅時の匂いが、普段とは違う匂いだった。』(20代・女性)

『紙キレに知らない名前と電話番号を見つけてから』30代・男性

『子供ができてしまったということから打ち明けられました』(20代・女性)

『何となく空気がいつもと違うと感じた。勘です。』(30代・女性)

別居や実家に帰った後、戻る時に家のどこかに変化があって不倫が発覚するということがあります。

上のアンケート結果では、髪の毛や不倫相手が自宅にいたということがあったようですが、他には指輪やイヤリングなどの忘れ物や匂いの変化でもわかることがあります。

最終的にどうなった?離婚?やり直した?

不倫が発覚して、最終的にどうなったのかもアンケート調査しました。

結果は、上の円グラフの通りです。

夫婦関係をやり直したのが61人、離婚が33人、その他が6人という結果でした。

不倫が発覚しても、問題を解決することができれば、半分以上の割合で夫婦関係をやり直すことができることがわかります。

(アンケート結果のその他とは、家庭内別居中で離婚に向けて準備中だったり、様子見だったり、離婚はしていないが愛はなく復縁はできなかったりなどのことです。)

ただ、6割が復縁できるとはいえ、不倫が発覚することで、半分近くの夫婦関係はダメになってしまいます。

かと言って、見て見ぬふりができる問題でもありません。

仮に見て見ぬふりをしても、いずれ夫婦関係は破綻してしまうことでしょう。

大切なことは、しっかりとした順序でけじめをつけることです。

不倫が発覚したからといって、カッとなって、感情をむき出しにして夫や妻を問い詰めるのは得策ではありません。

やり直すにしても、離婚するにしても、そうするべきではありません。

深呼吸をして、冷静になって、まずは決定的な不倫の証拠を掴むことが大切です。

そうすれば、やり直すにしても、慰謝料請求して離婚するにしても、有利に事を運ぶことができます。

まとめ

浮気・不倫のアンケート 統計 データ 

不倫発覚の6割は、携帯・スマホからだということがわかりました。

これは裏を返せば、携帯・スマホをチェックすれば夫や妻が不倫しているかどうかわかる可能性が高いということです。

もちろん、メールやLINEをコマ目に消去している夫や妻もいるので、絶対にわかるとは限りません。

そのような時は、生活や態度の変化で見抜くかなど、違う方法で不倫を明らかにしないといけません。

当サイトでは、様々な不倫の見破り方を紹介しています。

ですので、隅々までチェックしてもらえれば、何かヒントになることがあると思います。

是非、参考にしてみてください。

また、友人や知人で不倫に悩んでいる人がいれば、是非、当サイト(探偵事務所・興信所調査の浮気スナイパー)を紹介してください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする