車内調査で夫や妻の浮気の手掛かりを確認する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車内には、浮気を確認できる手掛かりが多くある可能性があります。

都心では移動手段に車を使うことは少ないですが、地方では車がなくては生活ができない地域も存在します。

当然、浮気相手に会いに行く時も車を使うことが多いです。

ですので、車内には色々な手掛かりが残されています。

それでは、どのような部分を確認すれば浮気の手掛かりを見つけることができるのでしょうか。

イチロク

浮気の手掛かりを見つけるための車内の確認ポイント

浮気の手掛かりを見つけるための車内の確認ポイント

どこから確認してもいいと思いますが、時間がない場合は自分が怪しいと思うポイントから調査してください。

助手席のシートの位置

助手席のシートの位置は変わっていないか確認してください。

もし前後に移動している場合、誰かが座ってシートの位置を変えた可能性があります。

もちろん、それが浮気相手だとは限りません。

ですが、夫や妻が誰かを車に乗せる機会がないのであれば、浮気である可能性があります。

後部座席のシートの位置

一般的には助手席に浮気相手が座ることが多いのですが、警戒している人は後部座席に座ることもあります。

ですので、後部座席のシートの位置も確認してください。

ただ、この変化だけでは浮気しているとは言えませんので、他の手掛かりを車の中から探してみましょう。

シートの足元、下

シートの足元、特に下は注意深く確認しないとわからない場所です。

ですので、何か落ちていたとしても浮気をしている夫や妻は気づかない可能性が高いです。

レシート、領収書、浮気相手の落とし物、避妊具(コンドーム)などがあるかもしれません。

その他に夫や妻が絶対に持っていないモノがあった場合は浮気を疑ってほうがいいかもしれません。

ポイントとしては、フロアマットの下まで確認することです。

浮気相手を乗せた後やカーセックスした後は車内掃除をする人は多いですが、フロアマットの下まで注意を払うことができる人は少ないです。

ですので、フロアマットの下に浮気の手掛かりが残されている可能性があります。

ダッシュボード周辺

車のダッシュボードの中のグローブボックスやサンバイザーには多くのモノを収納するスペースがあります。

グローブボックスとは助手席の前にある収納ボックスでサンバイザーとは太陽の直射から目を守るために設置されている日除けのことです。

グローブボックスには避妊具(コンドーム)、レシート、領収書、浮気相手の落とし物、ラブホテルのメンバーズカードなどがある可能性があります。

サンバイザーにはレシート、領収書、ラブホテルのメンバーズカードなどがある可能性があります。

サイドポケット

車のサイドポケットにもダッシュボード周辺と同じような浮気の手掛かりとなるモノが隠してある可能性があります。

サイドポケット以外にも夫や妻が自分で設置した収納ケースがある場合はそこも確認してください。

どこに何があるかわかりません。

すべて確認することによって、浮気の手掛かりが見つかる可能性があります。

灰皿

車の灰皿も確認ポイントの一つです。

まずはタバコや灰が入っているのかどうかです。

禁煙の夫や妻の車内の灰皿にタバコや灰が残っていれば誰かを車に乗せた証拠です。

夫や妻が喫煙の場合、銘柄の違いを確認してください。

普段吸っている銘柄と違うタバコが残っていれば、それも誰かを車に乗せた証拠です。

または、口紅やグロスなどの確認もしてみてください。

夫の車内に口紅やグロスの付いたタバコが残っていれば女性を乗せたということですので、浮気の可能性が高くなります。

他には銘柄は同じだけど、何か違和感がある場合もあります。

例えば、いつもとは違ってフィルターのギリギリまで吸っていたり、噛み癖が残っていたりしてです。

その場合、夫や妻のタバコをもらって違う人が吸った可能性が高いです。

細かい違いですが、そのような部分から浮気の手掛かりが見つかることも多いのですので、是非、確認してみてください。

ごみ箱

ごみを分析して証拠を掴んだり、事実を明らかにするような調査をガーボロジーと言います。

捜査機関、スパイ、探偵、ジャーナリストなどでもよく行う調査方法です。

車内のごみ箱には浮気の手掛かりが多く残されている可能性があります。

例えば、避妊具(コンドーム)、精液の付着したティッシュ、生理用品、レシート、領収書、マニキュアやペディキュアを塗ってある爪、化粧する時に使う綿棒、スポンジ、あぶらとり紙などです。

まさか夫や妻に確認されるとは思っておらず、無警戒な人もいます。

ただ、通常は浮気を隠すためにすぐに処分されるものですので、隙があれば怪しい日の当日にすぐに確認することをオススメします。

【関連】探偵の捜査ガーボロジー(ごみ調査)で旦那や妻の浮気を見抜く

トランク

車のトランクは浮気のための道具を隠すために最適の場所です。

なぜなら、夫や妻の車のトランクを意識的でなければ確認することはないからです。

かと言って、そのまま置いてあることは少ないです。

トランクに積んでいる工具入れ、ゴルフバッグ、非常用持ち出し袋などの収納ケースの中に隠している可能性が高いです。

また、トランクの下のスペアタイヤやジャッキなどが積んである場所に隠してあることもあります。

パンクなどしなければめったに見ることがない場所ですので、特に最適の場所です。

ある可能性があるものは、避妊具(コンドーム)、シート、クッション、毛布、コロコロ、消臭スプレーなどがあるかもしれません。

主にカーセックスの時に痛くないように下に敷く大きめなモノや浮気の証拠を隠滅するための道具がある可能性があります。

カーナビの履歴

カーナビの履歴は浮気の手掛かりを見つけることができる可能性があります。

まずは、検索(目的地)履歴、走行履歴が消されていないか確認してください。

消されていたということは、隠したい履歴が残っていたということです。

何かやましいことがなければ、隠したいとは思わないはずですので、浮気の可能性が高いと判断できます。

もし履歴が残っているのならば、どこに行ったのか、日付はいつかなどを確認します。

検索(目的地)履歴からは日付とどこに行ったのかわかるはずです。

走行履歴ではいつ行ったのかまではわかりませんので、怪しい場所に行っていないかだけ確認してみてください。

ラブホテル街や温泉街などや恋人や男女でしかあまり行かない場所、自分1人では行かない場所、例えばテーマパーク、展望台、水族館などです。

そのような場所に行った履歴がカーナビに残っていた場合、夫や妻は浮気をしているかもしれません。

カーナビの履歴検索の方法に関しては、メーカーや種類によって違いますので、説明書やメーカーに質問して聞いてください。

【関連】カーナビの履歴から妻の浮気の証拠を発見した体験談

カーナビの履歴

ETCカードの履歴

ETCは電子料金収受システムのことで、そのカードを使うことによぅて車は高速道路を停止することなく通過できます。

そのETCカードには利用履歴が残ります。

しかも、ETC利用照会サービスを使えば、その利用履歴は誰でも見ることができます。

必要なのはETCのカード番号と車のナンバーだけです。

いつ、どこのインターチェンジで出入りしたのか、いくらの料金が掛かったのかなどを知ることができます。

もし夫や妻がその日に、まったく違う場所に行くと言って出掛けた場合、浮気である可能性が高いです。

しかも降りたインターチェンジが温泉街、ラブホテル街、カップルが行くような場所であれば、さらに浮気の確率は高いです。

降りたインターチェンジ付近に何があるのか、Googleマップや検索して確認してみましょう。

走行距離

車の走行距離からも浮気の手掛かりが見つかる可能性があります。

というのも、浮気をする場合、知り合いに見られないように遠くの場所に行くことが多いため、メーターに証拠が残りやすいです。

近くの場所に行くと言っていたのに、数十キロ、数百キロの距離を走行した記録が残っていれば嘘を付いているということですので、浮気の可能性があります。

この場合、出掛ける前の走行距離を確認しておく必要がありますので、事前に準備しておきましょう。

ガソリン代の請求額が急に上がっている

ガソリン代をカード支払いしている人も多いですので、明細書をチェックすれば先月いくらの費用が掛かったか確認できると思います。

もしくは、車内のどこかにレシートが落ちているかもしれませんので、確認してみましょう。

走行距離が増えれば、当然、ガソリン代も増えます。

ですので、メーターを見なくても明細書やレシート確認すれば、どこかに遠出していないかわかると思います。

どこかに旅行することがなかったり、ある月を境に急にガソリン代が高くなり始めた場合は浮気相手とどこかに行っている可能性があります。

匂い

どこを調査するというわけではないですが、車内の匂いも確認しておいたほうがいいでしょう。

カーセックスをした場合は、特に臭いが残りやすいです。

ですので、必要以上に消臭スプレーを吹きかけたり、複数の消臭剤を置いていることもあります。

その場合、『くさい臭い』は残っていないかもしれませんが、『消臭剤のいい匂い』が強く残っているため違和感を覚える可能性があります。

また、単純に女性の香水の匂いや夫や妻が普段使っているのではないシャンプーや石鹸の匂いが残っている可能性もあります。

【関連】匂いや(不快な)臭いから旦那や嫁の浮気を見破る方法

車を掃除する頻度

浮気すると、車を掃除する頻度が上がるということがあります。

これは、もちろん浮気の痕跡を消すためです。

1か月に1回ぐらいしか車内清掃をしていなかった夫や妻が1週間に1会、もしくは2回以上し始めたら怪しいと言えます。

日ごろから、頻繁に掃除をする人であれば何も怪しくはありません。

問題は急に車内清掃をする頻度が上がったかどうかです。

ですので、半年に1回ぐらいしか車を掃除していなかった夫や妻が1か月に1回掃除するようになったら浮気の可能性があります。

オススメの探偵事務所

浮気の決定的な証拠を掴むためには、探偵事務所に調査を依頼することです。

当サイト(浮気スナイパー)のオススメの探偵事務所は以下の通りです。

全国に対応しており、365日24時間無料相談できます。

原一探偵事務所業界最大手で安心!!

総合探偵社TS無料見積もりのみの相談もOK!!

HAL探偵社業界最安値宣言!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする