弟が行方不明で長期間、居場所がわからず、連絡も取れなかった体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性 体操座り 絶望 悲しみ

弟が行方不明で長期間、居場所がわからず、連絡も取れなかった体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、岩手県盛岡市在住、38歳、スポーツインストラクターの女性です。

弟は当時、学生で一人暮らし、賃貸マンションに住んでいたようです。

弟が行方不明の間、父親や祖母が亡くなることもあったようですが、葬式にも顔を出さなかったようです。

弟が行方不明で長期間、居場所がわからず、連絡も取れなかった体験談

姉 祈り 女性

弟が行方不明になる

私が25歳の頃、弟は学生でしたが行方不明になりました。

弟は他県に一人暮らしで、私も他県におりましたので、家出というよりかは夜逃げです。

学校も途中でしたし、賃貸マンションもそのままでいなくなって、少し経ってから判明しました。

理由はなんだったのか、今でもわかりません。

なんとなく居場所はわかっていて、両親はときどき連絡がつく程度と思っていました。

行方不明から4年、父親が亡くなる

それから、4年ほど経った時父親が亡くなり連絡しましたが、電話に出ませんでした。

同級生に連絡をとってもらいましたが、それもうまくいきませんでした。

携帯のショートメールで、どうして連絡をとろうとしてるのかは伝えましたが、こちらからの一方的アプローチだけで終わりました。

結局、お葬式にも姿を現さず、父の最期の姿も見ることなく終わってしまいました。

最期の最期まで私たち家族や親戚一同は諦めず待ち続けましたが、彼が現れることはありませんでした。

祖母が泣きながら、「私が死んでもあの子はこないのかなぁ」と、寂しそうに言ったのを今でも覚えています。

その1年後、祖母が亡くなってしまいましたが、やっぱり彼は現れませんでした。

弟探しを始める

父がなくなって少し落ち着いた頃、弟探しを始めました。

まずは役所にいきました。

何年か前にマンション借りるため住民票を取ったようです。

今住んでるであろう住所が記載されていたので、そこにいってみることにしました。

遠方だったので、すぐに行くことができませんでしたが、まだそこに住んでいると願っていきました。

オートロックの建物で部屋番号を押したけど応答がなくて、管理会社と連絡が取れず、とりあえずマンション前でしばらく待ちましたが、会うことはできませんでした。

その後も、母が手紙を送ったりしましたが、反応がありませんでした。

親戚が訪ねて行ってくれたりしましたが、管理会社に家族でないと中には入れませんと言われてしまい、会えない日々が続きます。

母はひとりで行くのは嫌みたいでいきませんでした。

私が一緒にいってあげればよかったのですが、他県に住んでいて仕事もしていましたのでなかなか一緒に行けず、そのまま年月が経ってしまいました。

今思えば、学校卒業間近に就職先が決まらず、でも地元には帰りたくない状況で父からの一方的な帰ってこいの電話で追い詰められていたのかもしれません。

もう少し話を聞いてあげてもよかったのではないかと思います。

警察に行方不明届を出す

父が亡くなってから1年ほど経った時、自分たちの力ではなんともできなくなったので、警察に行方不明ということで届け出を出しました。

それから、少ししたら他県の警察から「今、弟さんを保護しています」と連絡がきました。

警察を通してやっと連絡が取れました。

父親が亡くなったこと、元気にしているのかと少し話すことができましたが、誰か迎えに行くまでは遠すぎて何時間も待たせることはできないと警察に言われました。

家に帰っても電話に出なさいと約束させて、承諾してしまったのが間違いでした。

弟は警察署を出た途端に、また電話に出なくなってしました。

結局、母は会話することができず、ふりだしに戻りました。

弟から姉に連絡がある

それから2年ほど経った頃、急に姉に連絡がきたようです。

結婚したいから、どうすればいいかという相談だったようです。

とにかくいろいろ話してしまう前に、どうしても実家に帰ってほしい思いから戸籍を取り寄せることなどを理由に一度地元に行くようにと促してくれました。

さすがに結婚するということで、おとなしく帰ってきました。

私には怒られると思って連絡できなかったみたいでした。

家族に心の中を見せられる人がいなかったんだなと、かわいそうな気もします。

いつでも帰ってこれる場所をつくってあげられなかった、こちらも悪かったなと反省しています。

管理人の解説

解説

当時の弟の年齢がいくつなのかわかりませんが、成人した男性であれば、警察に行方不明届を出しても、捜索してくれることはありません。

これが事件や事故の可能性が高いケースは別です。

ですが、今回の件は夜逃げや家出であり、自分の意志で行方をくらましたと予想されるので、警察は動いてくれません。

民事不介入の原則です。

それでも弟を探したいのあれば、探偵事務所に行方不明者捜索を依頼するのがオススメです。

行方不明者捜索を依頼できる人には限りがありますが、親族であれば問題ありません。

それにしても、この女性の弟はなぜ夜逃げのような形で、家出をしたのでしょうか?

当時、卒業間際にも関わず、就職が決まらず、追い詰められていたというのが原因かもしれません。

弟の立場で考えてみると、学費や一人暮らしの生活費まで出してもらって、まともに独り立ちできないことで、親に合わす顔がないと思ったのかもしれません。

そうやって意地を張って連絡を取らなかった結果、さらに実家には帰りづらくなったとも考えられます。

ここまで来ると、一生家には帰ることができず、ずっと行方不明のまま連絡が取れないということも十分に考えられます。

今回のように、連絡が来たことは不幸中の幸いと言えるでしょう。

行方不明を長引かせると、状況が悪化してしまう可能性が高いです。

そうなる前に、人探しのプロである探偵事務所に相談してみてはいかがでしょうか?

原一探偵事務所

原一探偵事務所 クーポン

(当サイト限定の基本料金40,000円が半額の割引クーポンあり)

*上記リンク先の電話番号が『半額の割引クーポンを識別するコード番号』を併せ持っています。ですので、半額の割引料金で利用するためには、必ず上記リンク先の電話番号から無料相談をしてください。

*無料相談時・面談時に『クーポンを見た』とお伝えください。

*盗聴器発見調査では、半額の割引クーポンは使えません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする