タウンページで一番上にあった探偵に浮気調査を依頼した体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メモ帳 ペン

タウンページで一番上にあった探偵に浮気調査を依頼した体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、長崎県長崎市在住、24歳の女性です。

夫の年齢は43歳で、かなり年が離れており、自営業とのことです。

探偵の選び方は、どこがいいのかわからなかったため、適当にタウンページの1番上にあった探偵に依頼することに決めたようです。

タウンページで一番上にあった探偵に浮気調査を依頼した体験談

電話帳

浮気の兆候

私の実体験です。

ある日から元旦那が「飲みに行ってくる」、「本社の人に呼ばれたから」と夜な夜な出かけていくようになりました。

最初は月二回ほどだったのですが、だんだん週二~三回に増えていきました。

最初は何も思ってなかったのですが、何も言わないことに調子に乗ったのか、だんだんひげを剃って風呂に入り、香水をまいていったり、見たことも買ったことを聞いたこともない新品のシャツを着て出かけていくようになりました。

(私自身、何も言わなかったので悪化したのだと思います。シャツに関しては「昔から持っていた」と言っていましたがタグが捨ててありました。)

また本社の人と飲みに行くという話なのに小さな可愛らしい箱を持ってこそこそと出かけていったのを目撃し、さすがに怪しいと思った私は実の親に相談しました。

最初は親も「気のせいでは?」といぶかしんでいましたが、親が遊びに来たときも外に出て行き、その際も風呂とひげ剃りは忘れずに出て行ったのがおや敵にも決定打となり、証拠はどうするか?の話し合いの末、探偵に依頼することになりました。

タウンページで一番上にあった探偵に浮気調査を依頼

探偵の依頼をするにあたり、口コミなどを見たのですがやはりよくわからず、相談する相手も親しかいなかったため、タウンページで一番上にあった探偵に依頼しました。

依頼するに当たり日数が一週間単位で料金が一日10万、確実に証拠がとれる保証はないと言われ、とても迷いましたが依頼することにしました。

最初に元旦那の写真、私たち夫婦の住んでいる住所、一日の行動パターンや休みの日、今までの外出の時間帯などを伝えました。

主に元旦那に動きがあったときに連絡がある形でした。

二日目に「今、元旦那さんが動きました、写真が撮れましたらご連絡します。」と電話がかかってきて、とてもどきどきしたのを覚えています。

「焦ってフラッシュをたき忘れ写真が不鮮明になってしまった。」という結果になったときは、「探偵さんでもミス有るんだなあ」と思いました。

次の日にも連絡がありましたが、今度は「見失ってしまった。」という報告が来て少しイライラしてしまい、自分も見失った場所へ向かい、探偵さんにどちら方向へ向かってから見失ったのかを聞いて自ら探したりもしました。

(もちろん見つからなかったのですが)

一週間で70万円もかかるので、「本当にとれなかったらどうしよう」という不安がとても大きかったです。

ですが、開始から6日後にまた動きがありました。

「今、閉店したスーパーの駐車場にいます。写真もとれましたので明日にでもお渡しします。」と、証拠をとれた報告を受けたときはとても安堵しました。

次の日にすぐに写真の受け取りに行くと、「これが写真です」と30枚程度の写真が渡されました。

その中には旦那の車の中で知らない女性が騎乗位をしている写真と、テンションが上がったのか、車の外でバックの体位でセックスしている写真がありました。

「これで、証拠になると思います」と、その写真をいただきました。

特にほかに声かけはなく、そのままお会計の話になりました。

現金支払いだったので、次の日に全額一括で支払いを済ませました。

(一週間以内に撮れたとしても、一週間契約なので、一週間分の支払いでした。)

探偵を利用した感想

探偵を利用した感想としては、まずドラマのような展開、おどけた会話などはなくとても事務的である意味気楽でした。

(旦那が浮気しているシーンでおどけられても悲しくなるので)

あとは値段がとても高い割に「フラッシュミス」「見失ってしまった」など頼りない報告が多く、とても不安度が高かったです。

ですが、撮られていた写真はとても鮮明で、薄暗い中でも旦那の顔がはっきりわかる写真でした。

「何回か動きの写真があれば継続した不倫の証明ができますよ!」と、もう一週間勧められましたが、さすがにもう70万円はきついので辞退しました。

管理人の解説

解説

探偵会社・興信所の探し方~どうやって見つける?~』で書きましたが、タウンページやハローページなどの電話帳を使って、この女性のように探偵を探すことができます。

ですが、どこが信用できるのかわからないため、リスクのある方法です。

探偵会社・興信所の浮気調査の失敗談~成功率は100%ではない~』でも書きましたように、絶対に浮気調査に成功するとは限りませんが、フラッシュミスや見失うようなことが連続であるものではありません。

結果として、証拠写真を押さえることはできたものの、失敗確率は高かったと言えます。

ですので、タウンページで探偵・興信所を探すのは避けた方がいいです。

※タウンページに載っている探偵・興信所がよくないということではなく、どこが信用できるかわからないからです。

また、料金体系ですが、1週間契約しかない探偵事務所はほとんどありません。

なぜなら、浮気調査というのは、1人1人状況が異なるため、1日や3~4日で終わることもよくあるからです。

なので、費用を安く済ませたいのであれば、1時間ごとにいくらとする探偵・興信所に浮気調査を依頼することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする