東京都内で夫や嫁の浮気・不倫調査格安ランキング3選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で夫や嫁の浮気・不倫調査格安ランキング3選

格安で探偵事務所(興信所)に依頼する方法はトップページに書いた通りなのですが、東京都内で浮気調査・不倫調査を依頼したいとき、どこの探偵事務所(興信所)が格安であり、優先的に見積もりを出すべきなのでしょうか。

3位までランキング付けしましたので、ご覧ください。

格安ランキング1位東京探偵社ALG(公式サイト)

(詳しい情報→東京探偵社ALG(旧 AI)の口コミ・評判

格安ランキング2位HAL探偵社(公式サイト)

(詳しい情報→HAL(ハル)探偵社の口コミ・評判・特徴、費用

格安ランキング3位総合探偵社AMUSE(アムス)(公式サイト)

(詳しい情報→探偵AMUSE(アムス)の口コミ・評判

東京都内の浮気調査・不倫調査格安ランキングの総評

東京探偵社ALGは、弁護士が代表の浮気調査を得意としている探偵会社です。

東京都内の住所は、以下の通りです。

【ALG探偵社 東京本部】
〒163-1128 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアータワー28階

東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」2番出口から徒歩7分の位置にあります。

弁護士が運営しているからといって、調査料金が高額になるということはありません。

むしろ、格安です。

調査料金は、調査員1名、1時間、6,000円です。(調査員2名当たり、1時間、12,000円)

東京都調査業協会が発表したデータでは、調査員2名、1時間当たり1.5~2.0万円前後が平均値となっていますので、調査員2名当たり12,000円の東京探偵社東京探偵社ALGがいかに安いのかというのがわかると思います。

さらに、1時間単位で調査可能、調査終了ごとに費用清算書を提示、余った調査料金は全額即日返金、後払い・カード払い・分割払い可、解約手数料0円、報告書作成、特殊調査機材、緊急調査、早朝深夜調査などの割増一切無料と明朗会計になっています。

東京探偵社ALG 調査料金

調査員1名、1時間、6,000円というのは、ないことはない基準ですが、ここまで徹底した明朗会計なのは、さすが弁護士が運営している探偵事務所だなと感心します。

さらに弁護士が運営しているということで、調査後の慰謝料請求や離婚裁判になった時も安心です。

HAL探偵社も調査員1名、1時間、6,000円と格安です。

浮気調査を得意としており、明朗会計です。

東京都内の事務所は、以下の通りです。

【東京本店】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-10-4 ゼノン西新宿1階
【東京新宿支店】
〒101-0044
東京都新宿区西新宿3-9-7 BIZSMART西新宿3階
【東京有楽町支店】
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12階
【東京池袋支店】
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-16-20 ぬかりやビル6階
【東京恵比寿支店】
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-1-1 ヒューマックス恵比寿ビル8階

東京探偵社ALGほど(調査終了ごとに費用清算書を提示などの)明朗会計を徹底していませんが、事務所が多くあるのは助かります。

近くに事務所がある場合、まずは無料相談してみることをオススメします。

総合探偵社アムスは、東京都内の新宿区にある探偵事務所です。

【本社所在地】
〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目15番26号第三玉屋ビル9階

最寄駅は、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線「新宿御苑前駅」です。

浮気調査の料金は、調査員1名、1時間7,500円と上記2社と比較すると格安ではありませんが、それでも安い部類です。

しかも当サイトから総合探偵社アムスへ浮気調査を依頼して頂くと、調査費用5万円分が無料の割引クーポンが付いてきます。

総合探偵社アムス 割引クーポン

調査費用が他の2社と比較すると高い分、長期間の調査となると割高ですが、短期間であれば、他社よりも安くなる可能性はあります。

以上が総評ですが、決めきれない場合、まずは一つ一つの探偵事務所の公式ホームページをチェックしてみましょう。

それから、どこに浮気調査を依頼するのか決めるのでも遅くありません。

また、調査費用の見積もりを出してもらうために、まずは全部の探偵事務所に無料相談するのもオススメです。

その後、浮気調査を依頼する1社を決定するのです。

いずれにせよ、浮気調査の依頼は早いに越したことはありません。

あまりにも遅いと、浮気相手の妊娠、離婚危機、証拠の隠滅など、問題が大きくなる可能性があります。

早期解決のために、今すぐ行動に移すことをオススメします。

東京都内の浮気調査

東京東京都は日本の首都であり、東京特別区(23区)以外も多摩地域や、伊豆諸島、小笠原諸島から成り立っています。

探偵事務所のビルがある場所はこの中の23区にあることが多く、上記3つの探偵事務所はすべて23区にあります。

浮気調査・不倫調査を依頼したい時はたいてい、自分で探偵事務所に行くことになりますので、多摩地域や特に伊豆諸島、小笠原諸島に住んでいる方は注意が必要です。

出張相談をしてくれるとこもありますが、出張費用が別途かかることもありますので、必ず確認しておく必要があります。

浮気や不倫で悩んでいる人の数も、圧倒的にこの東京都内に多いと思われます。

中でも23区は東京都民の多くが住んでおり、浮気調査や不倫調査の依頼も格段に多いと言えます。

夫や嫁の浮気・不倫相談

浮気相談

例1 不倫をしていたとしても夫との関係を再構築したい

東京都内に住んでおり、専業主婦をしています。

夫がたぶん不倫をしていると思い相談をさせてもらいました。

疑いの始まりは夫の鞄の中にあったメッセージカードです。

バレンタインのチョコレートと一緒にもらったもののようでした。

そこには、「(夫の名前)さんへ 奥さんにバレないように食べてね(ハートマーク)」とありました。これだけなら、不倫を確信できなかったのですが、不倫を疑い始めるには十分なものでした。

なぜ、これだけなら不倫を確信できなかったかと申しますと、義理チョコでも妻に見られるのは悪いと思い、そのようなメッセージカードを書いた可能性もあると思ったからです。

ただ、半分はやはり浮気を疑い始めました。

それからは夫のことを常に警戒して見張っていました。

すると、今までは気づかなかった夫の変化を次々と発見しました。

例えば、木曜日だけ帰る時間が少し遅いことや服に使うお金が月々1万円ぐらい高くなっていること。

スマートフォンを充電する時、リビングのコンセントではなく自分の部屋の書斎のパソコンで充電するようになったことなど、細かいことですが確実に夫の行動は前とは変化していました。

そこで、不倫調査をして頂き、その不倫相手と二度と会わないように契約書を作成して頂きたいと思います。(契約書は提携の弁護士さんにお願いすればいいのでしょうか?)

不倫相手に仕返しをしたいとはまったく思っておらず、二度と夫と会わないでほしいことだけを望んでいます。

そして、何とか夫との関係を再構築できたらと思います。

離婚をすることはまったく考えておりません。

ですので、夫婦カウンセラーの方にもお世話になりたいと考えています。

☑解説:不倫相手と二度と会わせないようにするために不倫調査を依頼

バレンタインのメッセージカードにハートマークがついており、内容が「奥さんにバレないように食べてね」だったら、半々ではなく、90%以上の確率で浮気をしていると考えて間違いないでしょう。

それに加えて、スマホの中を見られないように自分の部屋の書斎で充電したりしており、浮気の兆候が出ています。

もし夫との関係を再構築するためでも、探偵・興信所に不倫調査を依頼することはメリットがあります。

決して慰謝料請求のために不倫調査を依頼するということだけではありません。

というのも、不倫調査で押さえた浮気の決定的な証拠を使って、不倫相手に契約書を書かせることができます。

内容はもちろん、夫と二度と会わないことを約束するという契約です。

違反した場合は違約金を支払うと約束させることによって、抑止効果が生まれます。

それらの書類は不倫調査の後、探偵・興信所と提携をしている弁護士の先生に書いてもらうことができます。

そのようにすれば、口約束だけでなく、書類上で約束させることができるため夫婦関係を再構築する土台ができるという訳です。

例2 浮気調査の費用を教えてほしい

旦那が浮気をしている疑いがあるので、浮気調査をしてもらいたいと考えています。

ただ、浮気の調査費用で出せる限度が30万円のため、最初にいくら費用がかかるのか教えて頂いた後に、どうしようか決めたいと思います。

旦那が浮気相手と会う日にちはだいたいわかります。

2日間調査していただければ、そのどちらかの日に浮気相手と会う確率は高いと考えています。

浮気相手の名前や顔はまったくわかりません。

旦那がよく行く東京駅周辺の居酒屋はわかります。

もし浮気調査費用の決定に関してもっと詳しい情報が必要でしたらご連絡ください。

電話番号は090-○○○○ー○○○○です。

☑解説:浮気調査を依頼したい思ったら、取りあえず聞いてみる

問い合わせして、見積もりを取るのは無料です。

ですので、何のリスクもありません。

ただ、浮気調査というのは対象者の行動によって、調査日数が増えたり、尾行の距離も違ってくるため、正確な料金はわかりません。

ただ、上の例のように3日間と日数を限定すればおよその見積もりを出せます。

もちろん、その前に対象者の情報や自分の環境を正確に話す必要はあります。

ですので、まずは探偵・興信所に浮気調査の無料相談をしてみることをおすすめします。

例3 自分で嫁の浮気調査をしてみると・・・

嫁に疑惑を持ったため自分で嫁のパソコンやバッグの中などを浮気調査をしてみると、浮気の痕跡がいたるところにありました。

パソコンのメールでは知らない男性とのやりとりがあり、バッグに入っていた手帳には浮気の記録だと思われる印がついていました。

そこで自分で尾行して浮気調査をしようとも思いました。

しかし、自分で浮気調査をした人の体験談を見ると、嫁にバレる可能性が高く、東京の街で気づかれずに追跡するのは無謀だとわかりました。

なので、プロの探偵に浮気調査を依頼しようと決めました。

浮気調査の価格や調査日数などは直接会って相談をさせてもらいたいと思いますので、都合のいい日にちと時間を教えていただけますでしょうか。

☑解説:自分での浮気調査は無理だと判断したら探偵・興信所に相談

探偵・興信所に浮気調査を依頼するとお金がかかりますので、自分で浮気調査を試みる人がいます。

しかしながら、ただでさえ法的に有効な浮気の証拠を押さえるのは難しいのに、この東京都内でそれを試みるのは無謀だと言えます。

ですので、自分での浮気調査では無理だと判断したら、探偵・興信所に相談しましょう。

自分での浮気調査では無理だと判断したらと書きましたが、本当は自分で試みたりするのはやめたがほうがいいというのが私の意見です。

というのも、尾行や張り込みが対象者にバレたら、最悪だからです。

しかも、その最悪な事態になる確率は非常に高いと言えます。

もしバレたら、関係が悪化して、浮気の証拠も隠されて、踏んだり蹴ったりになってしまいます。

なので、自分で浮気調査をするまえに探偵・興信所に依頼したほうが無難です。

探偵(興信所)比較口コミ評判ランキング

このページを読んでいる人にオススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする