転勤で職場が変わり、夫が浮気?!ラインで女性とトーク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性 転勤

転勤で職場が変わり、夫が浮気していたかもしれないという体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、三重県在住、28歳の女性です。

転勤や引っ越しなど、環境が変われば、必ず出会いがあります。

出会いがあるということは、それが浮気に発展する可能性もあるということです。

転勤で職場が変わり、夫が浮気?!ラインで女性とトーク

LINE

職場の転勤で夫に違和感で携帯を覗き見

私の主人は昔から異性には優しく、同性よりも異性と遊ぶ方が好きな人でした。

お付き合いしていた人数も多く経験人数もそれなりだったのですが、私と付き合ってからは私よりも向こうの方が好きという気持ちが強かったので浮気の心配はしていなかったのですが、職場が転勤で別のところになったころから何か違和感を覚えて、寝ている間に携帯をチラッと覗きました。

ダメなことだとはわかっていたのですが、モヤモヤを解消したい気持ちもあり主人が携帯にロックをかけていないことも知っていたのでつい見てしまいました。

その時は特に怪しいラインはなく、「私の勘違いかな?」と思ったのです。

ところが主人が家族のことや子供の写真をタイムラインに投稿すると、笑っている顔やキラキラした顔のスタンプを皆さんが押してくれる中、毎回1人だけ泣いている悲しい顔をしたスタンプを押す人がいたのです。

私の携帯から主人の投稿を毎回見ていたのですが、その方は女性で子供と写っている写真がトップ画像でした。

再び携帯を覗き見

そこでまた気になり始め、最初に携帯を覗いてから3ヶ月がたっていたのですが、また携帯を覗きました。

今回は、毎回1人だけ悲しい顔をしたスタンプを押す人が誰なのかを知りたかったのです。

主人のラインを開くとその方とはやり取りをしていないのか、トークはありませんでした。

それでも気になっていたので、お友達の欄からその女性を探しました。

あの女性と同じトップ画像の人を発見し、開こうとしたら名前が男性なのです。

少し混乱し、「え?奥さんと子供達の写真をトップ画にしているのかな?」と思いましたが、私の携帯では、はっきり女性の名前で出ていたのです。

その時、「あ、名前変えている。」と思いました。

とりあえず、その日は証拠が押さえられなかったので、名前を変えているところを写真に収め就寝しました。

女性とのトークを見ることに成功

その日以降、こまめに携帯をチェックするようになり、ある日、やっとトークを見ることができました。

そこには、相手女性の方から、今度飲み会しようなどのお誘いの連絡が来ていたのです。

主人も「いいですけど、お互い飲んだら帰れなくなるじゃないですか〜」という返信がされていました。

他にも話は続いていましたが、特に体の関係があるような内容はありませんでした。

夫を問い詰め、白状させる

いくつか写真に収め、主人を叩き起こし、問い詰めたところ白状しました。

最初は主人が気になって連絡先を聞いたこと、ただ子供達のこともあり、私のことも思うとやっぱり私たちが大事だと思い、すぐに連絡先を消したのだと言っていました。

ところが、ラインのお友達かものところに彼女の名前が出て、連絡が来たので友達追加をしたということです。

「何回か連絡を取ったが、自分から送っていなくていつも相手から来ていた。相手も既婚者で、連絡がきていたその時にはもう気持ちなんてなかったので何もしていない。」と言っていました。

ただ、部署が同じなので飲みに行くことがあり、車で送ってもらったことがあると言っていました。

私には、その女性のいる飲み会に行くというのが言いにくかったようで、同じ場所のおばさんに乗せてもらうと嘘をついしまったということです。

飲みに行っていて、何もないなんて信用できませんでした。

ラインの名前を変えていたのは、昔、気になって連絡先を聞いたので心の中では申し訳ない気持ちと罪悪感が生まれたためについ男性の名前に変えて登録したとのことです。

今はラインをブロックして削除してもらいました。

次、彼女から連絡が来るようなことがあれば、女性を含めて話し合いをすることで納得してもらいました。

知り合いの友達に女性のことを聞くと

主人の会社の知り合いにお友達がいるので女性のことを聞くと、自分に気持ちがありそうな人がいれば誰にでもデレデレすると噂の方だったようで、男性社員はそんな彼女の性格に気がついていないとのことでした。

男って本当にバカと思ったのを覚えています。

管理人の解説

解説

この女性は夫に、その女性との関係を白状させたと思っているようですが、実はのらりくらりとかわされている可能性があります。

なぜなら、この女性が掴んだ浮気の証拠はとても弱いからです。

女性とのラインのやりとりが見つかったとしても、それが浮気の証拠としては弱いことを男性は知っています。

ですので、このように「この女性とは何もなかった!」、「ただラインでやりとりしていたっだけだ!」と言われてしまうのです。

ラインで見つかったとなれば、今度はバレないように、他のSNSで連絡を取り合ったり、気づかれない方法を見出すものです。

そのため、今回の白状させるタイミングは、あまりよくなかったということです。

これでは、あまり浮気を反省せずに、再び同じ過ちを繰り替えしてしまう可能性が高いです。

やはり、決定的な浮気の証拠となるものを掴んで、慰謝料請求するなり、誓約書にサインさせるなりしたほうが効果は高いです。

また、転勤後に夫に違和感を覚えたとのことですが、転勤が多いのだとすれば、今後も要注意です。

転勤するたびに、女性をとっかえひっかえする男性も多くいます。

そうなる前に、早めにお灸をすえる必要があるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする