探偵さがしのタントくんを使って興信所の価格交渉する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

興信所の費用が予算をオーバーしていて、依頼できないというケースがあります。

そのような時は分割払いに対応している興信所に依頼するか、とりあえず調査することをあきらめるという2つのパターンがあると思います。

ただ分割払いだと金利手数料が掛かることが一般的ですし、どうしても今調査を依頼したいということもあると思います。

そのような時は価格交渉をしてみてはいかがでしょうか。

それには直接、興信所に予算がこれだけしかないと伝える方法と探偵さがしのタントくんに価格交渉を手伝ってもらうというパターンがあります。

ただ直接興信所に相談するのは気が引けるという方も多いと思います。

ですので、オススメは「探偵さがしのタントくんを介して価格交渉をする」です。

気軽に探偵さがしのタントくんに価格交渉をお手伝いしてもらいましょう。

探偵さがしのタントくん

探偵さがしのタントくんで効果的に価格交渉する方法

興信所の価格交渉

探偵さがしのタントくんに直接、「予算は○○万円しかないですので、限られた予算で調査して頂けるように価格交渉をお願いします」と相談してもいいと思います。

これだと手間暇かからずにかんたんに価格交渉することが可能です。

ですが、もう少し労力をかけることによって値引きできる額が大きくなる可能性があります。

それは、複数の興信所に見積金額を出してもらった後に探偵さがしのタントくんに相談するという方法です。

それも探偵さがしのタントくんと提携している興信所に見積金額を出してもらったほうが効果的です。

なぜなら、提携している興信所のほうが価格交渉しやすいからです。

以下、価格交渉するまでの流れをまとめておきました。

①複数の興信所に見積金額を出してもらう

まずは複数の興信所に調査価格の見積金額を出してもらいます。

オススメは探偵さがしのタントくんと提携している以下の興信所です。

3つの興信所すべてが無料で見積金額を出してくれますので、順番に連絡していきます。

②探偵さがしのタントくんに価格交渉の相談をする

3つの興信所の見積金額が出たら、次は探偵さがしのタントくんに価格交渉の相談をします。

3つの中で最安値だった見積金額を使って、「予算が○○万円しかないので、この見積金額では調査を依頼できません」と伝えましょう。

その上で「探偵社Aに予算○○万円に収まるよう価格交渉して頂けませんか?」とお願いしてみてください。

探偵社Aで必ずしも価格交渉が成立するかどうかはわかりませんが、他社ならOKな場合や調査時間を短くして対応してもらえるなど予算内に収まるように奮闘してくれるはずです。

浮気調査の価格交渉

浮気調査の価格交渉

興信所に浮気調査の価格交渉をする場合、値引きできる可能性があるのは人件費です。

その他の経費(交通費、車両費、駐車代、通信費、ガソリン代、宿泊費、機材費)や報告書作成費などは値引きできる可能性は低いです。

なぜ人件費を下げることがきでる可能性があるのかというと、調査員の数を減らすことによって人件費を調整できる可能性があるからです。

通常、浮気調査には2人から5人ぐらいのチームを作って、張込みしたり、尾行したりします。

調査員の数が2人の場合減らすことは難しいかもしれませんが、3人から5人の場合減らすことができるかもしれません。

興信所にはその会社の方針がありますので、価格交渉はできないという業者もあります。

ですが、価格交渉することはノーリスクですのでしないほうが損です。

直接の価格交渉は難しいという方は探偵さがしのタントくんを利用して上の方法で興信所にアプローチしてみてください。

人探し調査の価格交渉

人探し調査の価格交渉

興信所の人探し調査でも、値引き交渉の余地があるのは人件費です。

ただ人探し調査の場合、調査員の人数を減らすと調査が長引いてしまう可能性が高くなります。

なぜなら、浮気調査と違い、聞込みや張込みが基本となる人探し調査では人数を掛けたほうが見つかる可能性が高いからです。

もちろん、浮気調査でも人数を減らすと失尾してしまい、日数が長くなってしまう可能性もありますが、人探し調査ほどではありません。

人探しの調査日数が長くなれば、それだけ費用が掛かってきますので結局高くついてしまう可能性が高いです。

ですので、人探しの場合は価格交渉するにしても人件費以外の部分を減らしてもらえないか相談してみたほうがいいでしょう。

例えば、期間を短くしてもらうなどです。

もしくは価格交渉ではありませんが、情報をもっと集めてから興信所に相談することによって価格を下げることが可能です。

なぜなら、捜査に役立つ情報が多ければ多いほど、難易度が下がり短期間で調査を終了できる可能性が高くなるからです。

例えば、探している人の行動パターン、よく行く店や場所、友達の連絡先、趣味・嗜好などが役立つ情報です。

それらの情報を基に対象者がどこにいるのか予測できます。

これは浮気調査でも同じことが言え、対象者の情報が多ければ多いほど価格を下げることができる可能性が高くなります。

なぜなら、その情報を基にいつ浮気するのか予測することができ、その日だけ調査すればいいからです。

そのような役立つ情報がない場合は探偵さがしのタントくんに相談することによりアドバイスをもらうことこもできます。

まずは気軽に問い合わせてください。

公式ホームページ

探偵さがしのタントくん

探偵さがしのタントくんをもっと詳しく知る

💡安い探偵探しの味方、探偵さがしのタントくん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする