離婚してシングルマザーになって後悔したことを30人から調査

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルマザー 離婚 後悔 落ち込む

離婚してシングルマザーになって後悔したことを30人にアンケート調査を実施しました。

離婚してシングルマザーになることで後悔したこととは、一体何だったのでしょうか?

このアンケート調査は以下のように実施しました。

調査実施日:2018年10月05日~2018年10月08日

調査方法:インターネット調査

対象者:離婚してシングルマザーになった女性

人数:30人

実施者探偵事務所・興信所調査の浮気スナイパー

回答して頂いた方、誠にありがとうございます。

それでは、早速、アンケート結果を見て行きましょう。

浮気スナイパーズ・アイ

離婚してシングルマザーになって後悔したことを30人から調査した結果

シングルマザー 離婚 後悔 体操座り

※以下の()は、(回答者の年齢/住所/回答者の職業)です。

離婚して後悔したことは、経済的不安が改善されないこと

離婚して後悔したこと、それは経済的不安が改善されないことです。

離婚前に、しっかり貯金をしておけばよかったし、慰謝料などもらえる物はきっちりともらっておけばよかったと後悔しています。

養育費についても、誓約書を作成し、払ってもらうように契約したのですが、一切払ってもらえていないので、毎月生活が苦しいです。

子供が成長するにつれ、進学などで必要な費用の捻出も厳しく、ある程度は市が負担してくれるものの、全額ではないため、やはり経済的悩みはきえないです。

元夫からの協力も得られないため、もう少し子供が成長したら、掛け持ちで働きに出ることも考えなければならないと感じています。

一番の後悔は、元夫と結婚したことです。

自分の事しか考えられない人、自分が一番大事な人なので、結婚しているときから、子供の為に貯金をすることが出来ない人でした。

私が内緒で貯めていたお金も、勝手に全部使ってしまう人でした。

そんな人を選んで結婚したことが、一番の後悔です。

(40/大阪府茨木市/クリニックの医療事務)

シングルになる前の段階で準備が足りていなかったと後悔

シングルになったこと自体は後悔していないのですが、シングルになる前の段階で準備が足りていなかったと後悔しています。

1つ目は離婚後の生活を支える仕事面です。

結婚前は販売職の会社員、結婚後は専業主婦でした。

手に職があるわけでもなく、働くことが10年振りという状況で、若くないこともあり職探しは難航しました。

離婚を考えた段階で、資格を取るなどの準備が必要だったと思いました。

2つ目には離婚後の当面の生活資金の確保です。

私の場合は経済的DVが離婚原因でしたので、独身時代の貯蓄も結婚生活中に底をついていました。

前夫の不貞もあり、弁護士を依頼しての離婚調停になったので、慰謝料が入るまでの期間はお金に苦労しました。

その他にも新しい生活に入ると色々と必要経費があり、その度に短期バイトを探して働くという生活でしたので、先の見えない生活に気持ちが疲弊して辛かったです。

(38/東京都杉並区/専業主婦)

離婚してシングルマザーになっての後悔はほとんどないけれど、挙げるとすれば2つ

後悔することなどほとんどありませんが、挙げるとすれば2つです。

1つ目は、公園やレジャー施設等に出かけた際に、子どもが他の家族(両親そろっている家庭)をじっと見つめていたり、離婚した理由を尋ねられたりすると、もしかして離婚しない方が子どもにとっては良かったのかなと後悔することがあります。

離婚の詳しい理由はまだ子どもには説明していませんが、なぜ以前のように家族みんなで過ごすことができないのか、なぜ夫婦が仲直りできないのかということは子どもにとって不思議であり、寂しく感じているということが痛いほど伝わってきます。

2つ目は買い物の時です。

たくさん買い物をした時や重い物を購入した時は、なぜ私がこんな大変な思いをしなくてはいけないのかと、嫌でも感じてしまします。

(30/沖縄県南城市/事務職)

申し訳ないと思う事の一番は、こどもに寂しい思いをさせているという事

離婚しなければ良かったという後悔ではないですが、申し訳ないと思う事の一番は、こどもに寂しい思いをさせている、という事ではないでしょうか。

こどもは、こどもで気を使っているのか、「寂しい」とか「お父さんは?」とか、言って来ないのが、余計に心苦しいです。

休みの日に、テーマパークに行った時も、お父さんに、遊んでもらっている同年代の子を、じっと見ていた事もありました。

羨ましいという気持ちで見ていたのでしょうか。

シングルマザーが辛いと思うのは、やはり経済面の事ですね。

独身時代から勤めている会社で、出産後も、働いていたので、生活に困るほどではないですが、もっと色んな習い事をさせてあげたいとか、仕事が辛くて辞めたいほど悩んでも、簡単には辞められないのが、精神的にキツいです。

老後の事など考えると、不安で押し潰されそうになります。

(44/大阪市港区/会社員 事務)

シングルマザーになって収入が安定しない事等の厳しい現実に後悔する事がある

離婚すると決めた時には親に頼れないけれど、子供一人連れてなんとか生活していけると思っていましたが、いざ離婚してシングルマザーになってみると、子供が具合が悪くなって仕事に行けなかったり学校の行事だったりと仕事を休まなくてはならなかったりして収入が安定しない事と、市からの補助も収入の縛りなどで思っていたほど援助もありませんでした。

周りもシングルの方が割といるのですが、シングルの家庭の子供だと影で噂しているお母さん達がいたり、再婚を考えても、また同じ事ような事になる可能性があるかと思うとなかなか踏み出せなかったりと、想像した以上に厳しい現実に、こんな事ならば嫌だったけれど、我慢して離婚しない方が良かったのかと後悔する事があります。

(45/埼玉県八潮市/運輸業 事務員)

後悔したことは、父親がいないことで子供たちに寂しい思いをさせていること

後悔したことは、子供達と休日に出掛けると家族連れでも出掛けてるとこが多いので、父親がいないだけで寂しくさせていることです。

外食の時にしても泊まりで出掛ける時にしても家族で楽しそうに食べていたり、泊まった先でのイベントの楽しみかた一つにしても違うと思います。

学校行事のある運動会や音楽祭、お祭りなどのイベントも今は休みを取ってでも見に来る父親は多いと思うので、その気持ちも寂しいかなと思います。

一番辛いのは、大晦日から元旦に変わる年に家族で絶対に過ごす日なので、いるといないだけでも全く違うので、子供達にとって一番嫌な日々だと思い、離婚するにあたってもう少し考えてあげれば良かったのかなと思いました。

(40/埼玉県川口市/スーパーのパート)

シングルマザーになって後悔したことは、子供のそばにいてあげられないこと

そばにいてあげられないことです。

参観日や学校の行事に行ってあげられる回数が、格段に減りました。

遠方に遊びに行くこともなくなりました。

勉強の話もあまり聞いてあげられないし、一人で留守番させることが多くなったので、可哀想なことをしたと思っています。

生活することが大変で、子供のためにお金を使ってあげられなくなりました。

新しいアパートに転校、習い事もやめることになって、友達とも離ればなれになって寂しかったと思います。

私もつらかったので、子供にあたったりして、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私が離婚しなかったら、こんなにさみしい思いも、嫌な思いもしなかったと思うと後悔してます。

今まで暮らしていた家よりも狭いので、たくさんのものを処分しなければいけなく、可哀想でした。

(44/広島県広島市/不動産業の事務)

元夫が養育費を払ってくれないので、夫の両親を連帯保証人にするように公正証書に文言記載すれば良かったと後悔

夫の浮気で離婚し、子供3人を引き取りましたが、離婚後、数年経ちますが、養育費を1円も払って貰えず、離婚する際に、夫の両親を連帯保証人にするように公正証書に文言記載すれば良かったと思いました。

口座もわからず、引っ越しもしており、勤務先もわからず、引き落としもできず、途方に暮れています。

なぜ、こんな無責任な男と結婚してしまったんだろうと後悔してますが、離婚してからもなんて無責任な人なんだろうと後悔しています。

困った事があったら言いに来てね、と元旦那の母に言われましたが、今更言っても何もしてくれないだろうなと思い、行動を起こすこともできません。

また、フルタイムで働きたいなか、なかなか子供達をゆっくり見られず、寂しい思いをさせている事が一番後悔しています。

(31/滋賀県近江八幡市/会社員)

シングルマザーになって後悔したことは経済的に苦しかったこと

パートタイムでは稼げないけど、子供が小さいので正社員にはなれず、経済的に苦しかったことです。

離婚しなければ安定した生活が送れたはずなのに、息子たちの進学の時にも、選択肢が狭められてしまいました。

「父親がいない」というのは、経済的な面だけでなく、子供たちの成長にも大きく影響しました。

思春期の息子たちと、どう向き合って行けばいいのか迷ってしまった場合に、意見を聞ける男性がいなかったので手を焼きました。

状況を把握していた息子たちは、それでも私に当たり散らすことはなく、我慢させていたと思います。

甘えたい時期から私が働いていて甘えられず、思春期になっても、進学にしてもずっと我慢でしたので(しかも貧乏)、しわ寄せが全て息子たちにいってしまったかのように感じました。

(39/神奈川県相模原市/パートタイム)

息子への対応がわからずに男親がいたらなと後悔

長男四歳、長女一歳の二人を連れて、結婚五年で離婚しました。

私は35歳でした。

教師をしているため収入にも恵まれ、生活していくうえで経済的に問題はありませんでした。

しかし、1人で父親と母親の両方の役割を果たさなくてはならず、女の子はわりとわかりやすいものの、男の子の対応は解らず、特に中学や高校の思春期の頃は大変でした。

なかなか息子の気持ちを受け止めてやれず、感情的になったり、つい口うるさくなったりしました。

また息子が進路で迷った時も適切なアドバイスをしてやれず、男性の生き方のモデルがなく、常に手探りで迷いながら生きていた息子をいつも不憫に思い申し訳ない気持ちで何も出来ない自分に腹が立ち、男親がいたらなぁと自分で選び納得したなかでの決断でしたが、この時ばかりはシングルマザーになった事を後悔しました。

(52/京都府京都市/教育関連業 教師)

シングルマザーになって後悔したことは、なによりもお金がなくなったこと

なによりもお金がなくなったことです。

今までは旦那さんの収入がありましたが、離婚してからは養育費しかもらえません。

お金がないから、仕事を増やしたり、働き方について悩んだり、金銭的余裕がないと、心にも余裕がなくなることを実感しています。

あとは、ひとりで子供を育てることへの重圧、ストレスが大きいこと。

仕事と家事と子供のことで、休まる暇もまったくないし、毎日が必死すぎてあっという間に時間が過ぎてしまいます。

子供が大きくなるまでの辛抱だと思いながらも、結婚していたときは、のんびり出来ていたな、余裕もあったなと懐かしく、後悔することもあります。

離婚する前はなんとかなるなんて思っていたけど、実際は大変なことばかり。

後悔しても、前を向いて歩くしかないです。

(34/新潟県小千谷市/運輸業の事務員)

一人二役出来る自信がなく、離婚したことを後悔

家事、育児、仕事と全部背負って行く大変さが思っていたより大変でした。

子供が小さかったのでご飯の時も食べさせてあげないといけないし、お風呂も早く入れないと夜の8時に寝ないので保育園から帰ってきたら急いでご飯を作り、食べ終わるとすぐお風呂。

8時には布団に入り寝かしつけるが、なかなか寝ない。

1時間から2時間添い寝して、子供が寝てから洗い物やら次の日の準備。

子育てと仕事と家事に追われ、自分の時間も金銭的に余裕もなくバタバタした日々で、イライラしてばかりで、一人二役出来る自信がなく離婚したことを後悔しました。

公園でお父さんとお母さんと子供が楽しくあそんでいる姿を見て、前まであんな風にすごしていたのにと、子供への申し訳なさから後悔したこともありました。

(29/大阪府高槻市/医療業のデイケアスタッフ)

養育費の取り決めをせずに離婚をしたことを一番後悔

養育費の取り決めをせずに離婚をしたことを一番後悔しています。

子供が小さい頃は何とかなりますが、小学生からはとにかくお金がかかります。

義務教育と言っても全てが無償ではないですし、就学援助も微々たるものです。

毎月の諸費やPTA会費も馬鹿になりません。

中学生になる時は、制服や学用品で更にお金がかかります。

離婚を考える位の顔も見たくない相手ではありますが、必ず離婚前に養育費の取り決めをしておくことをおすすめします。

離婚後にも出来ますが、本当に大変です。

家庭裁判所に調停を申し立てれば、もし相手が支払いを滞っても差し押さえることが出来ます。

子供を1人で育てて行くことは本当に辛く、大変なことが多いです。

お金に余裕が少しでもあればもっと子供に優しくできたかもしれないと、子供が小さかった頃を振り返ると、いつも後悔の念にかられます。

(44/熊本県熊本市北区/医療事務)

離婚する際にキチンと念書なりで、養育費を貰う手続きをすれば良かったと後悔

養育費を一円ももらったことがないので、離婚する際にキチンと念書なりで、養育費を貰う手続きをすれば良かったのかなと思いました。

それから、離婚してすぐに、市の支援などで資格を取れたりできたので、利用してその後の生活にいかせたら良かったです。

離婚当初は、人と関われなくなってしまい、相談にすらいけなかったので、電話でも良かったから、頑張ってやれば良かったです。

色んな支援を受けれたので、利用していれば、現在の生活に大きく役立っていたのにと後悔しています。

人ともう少し関われたら、養育費のことなども相談できて、生活が変わっていたんじゃないかと思いました。

意固地になるのはやめて、子供の未来のために全力で話し合うべきでした。

(41/岩手県盛岡市/食品の製造)

離婚に至るまでのストレスで原因不明の難病と診断される

精神的には、後悔はありません。

しかし、離婚に至るまでのストレスからなのでしょう。

離婚して、半年で、心臓を患い、入院生活になり、挙げ句の果てには、原因不明の難病と診断され、余命僅かな状態で、病気と闘っています。

その為、思うように働く事が出来なくなり、福祉に頼りながらも、貯蓄を切り崩して生活する毎日になるとは思ってもみませんでした。

子供にも、死と向き合う私の姿を見るのは辛いと思います。

そんな中、嫌々ながらも、主人がやってくれてた家庭での仕事、電球を変えたり、重い荷物を持ってくれたり、手の届かない所の掃除等、体力的に弱ってしまった私が全てやらなければいけない事に、大変さを感じ後悔しています。

又、子供が仲良くさせてもらっていた友人の家にいつも夕食に呼ばれ、そのご両親がとても仲良く、うちの子供も我が子の用に可愛がって下さっていたのですが、そのご両親は、私には相談なしに、うちの子供を誘いだし、子供からは、その時の楽しかった話や、家族の仲の良さを帰ってくる度に聞かされ、それを聞かされる私の心は、素直に喜べずに、感謝も忘れ、逆に嫉妬で溢れ帰り、荒んでしまった私に気付いて、とても悲しくなり、離婚しなかったらこんな気持ちになる事はなかったろうにと、ただただ落ち込むばかりでした。

(53/山口県岩国市/無職)

シングルマザーになって後悔した事は、子供を父親の居ない子にしてしまった事

シングルマザーになって後悔した事は、子供を父親の居ない子にしてしまった事です。

現在ではシングルマザーの方がいっぱい居ますが、子供が大きくなるにつれて幼稚園や小学校に通う年になると行事というものが沢山出てきます。

その中でも運動会などで、周りは夫婦揃って参加している方が沢山います。

子供は何も言いませんが、そういう場面に合うと申し訳ない気持ちになってしまう事が多々あります。

入園式や卒園式もそうです。

考えすぎなのかもしれませんけど、今は良くてもいつか子供も自分に父親が居ない事に違和感を感じる時が来るのではないかと思っています。

もしそれについて子供が問いてきた時、自分の身勝手な行動でこうなってしまった事をどう説明すれば良いのかと不安になることもあります。

あの時ちゃんと考えて行動していればと、今でも後悔しています。

(25/福島県南相馬市/サービス業)

シングルマザーになって後悔したことは、虫を退治してくれる人がいなくなったこと

シングルマザーになって後悔したことは、虫を退治してくれる人がいなくなったことです。

結婚している時は元旦那が全て退治してくれたのですが、離婚してからは一人で退治しなくてはいけません。

この前6年ぶりくらいに家にゴキブリが出ました。

子供もまだ小さいため退治できずに、私が悲鳴をあげたらゴキブリがいなくなってしまい、慌てて、バルサンとゴキブリ団子を買って朝からバルサンをまいて、ゴキブリ団子を巻きました。

それまで離婚して後悔したことは1つもなかったのですが、初めて元旦那も役に立っていたんだなと思いました。

虫の事で言えば、子供がカブトムシが好きなのですが、私がダメなので家で飼えない事を申し訳なく思います。

こういう時旦那がいてくれたら、一緒に虫取りしたり、お世話してくれるのになと考えます。

(33/千葉県流山市/OA機器会社でのコールセンター)

フルタイムの仕事と子育てとの両立が大変

子育ての負担が、全部自分に回ってきてしまう。

自分で決めた道だからとわかってはいますが、フルタイムの仕事と子育てとの両立で自分の休む暇はありません。

自分の両親の協力は得ているものの、両親も共働きな為、子供が急に具合が悪くなって仕事に穴をあけなければならなかった時に、職場の上司から言われた言葉が「ご両親の協力があるから仕事には支障ないって言ってたわよね?」。

確かに、そうは言ったけれども働いている両親を犠牲にしてまで仕事を優先しろ言われた事に、シングルマザーの形見の狭さを感じました。

上司から言わせれば、そうなることが分かって働いているのだから…とでも言いたいのでしょうが、結婚生活を続けていても自分にとっても子供にとっても良い生活が送れるとは感じられず、シングルマザーになることを選ばなければいけないという事実も理解してもらいたいです。

ただ、シングルマザーにならなければ、こんな嫌な思いもしなくてよかったのかなと後悔もあります。

(38/福島県いわき市/「医療クリニック」の「医療事務」)

仕事と子育ての両立が大変で後悔

私は仕事が体仕事であることから、仕事が終わったあとは疲れ果ててしまって家事をすることがやっとです。

私自身が親の反対を押し切って結婚したのに、うまくいかず離婚してシングルマザーになって、親にとても迷惑をかけてしまっているので、親と一緒に住んで世話をしてもらおうという気持ちにはなりません。

なので数年一人で娘を育てていますが、とても肉体的に疲れ果てています。

一番大変なのは、幼稚園である娘の世話です。

朝早くに起きて、ご飯を作って弁当を作って幼稚園に送って行き、仕事に向かって18時過ぎまで体仕事をして、幼稚園に迎えに行ってご飯を作ってお風呂に入らせて洗濯などをしている間に娘を寝させてということをずっと一人でしていることが、一番の苦労であり、シングルになった後悔です。

ですが、娘の笑顔を見ていると、いつまでも頑張ることができます。

(28/神奈川県横浜市/陸運業)

自分が病気になった時の人手が足りないことを後悔

自分が病気になった時の人手が足りないことを後悔しています。

シングルマザーなので、大人の人手は私一人しかありません。

健康な時の家事と育児は決して楽ではありませんが、毎日の習慣で流れができているので特に困ることはありませんでした。

しかし、病気の時は別でした。

ただの風邪でも毎日の生活リズムが狂い、家事育児のスピードが落ちるので、もう一人人手があったらなと思います。

下の子は、今は2歳でちょうどいろいろなことができるようになってきた分、子供には危ないものにも興味を持ち始め触ろうとしてしまい、少しも目を離すことができません。

従って、風邪で寝ていたい時もそばを離れることができず、そのせいで風邪の治りも悪いように思います。

また体調が悪いと心も弱ってしまい、シングルである寂しさが襲ってきて、つくづく後悔しか感じませんでした。

(30/埼玉県所沢市/卸売業の会社員)

子供が男の子なので、女親ではできないことがあり後悔

子供が男の子なので、キャッチボールや運動に付き合ってあげれないことや、女親の私がいくら真剣に怒っても真剣に聞いてくれないし、完全に舐められています。

養育費などは決めたものの、塾や大学進学になると養育費と私のお給料では全然たりません。

また女の私にはわからない悩み事などもあるようですが、私には一切話してくれません。

あとは老後に私1人になった時に、まともに年金も貯蓄もない状態で子供に頼らずに生きていけるのか不安でたまりません。

マイホームなども子供にとっては憧れな様ですが、絶対に建ててあげられないです。

今一番子供に申し訳ないのは、野球やサッカーを習いたいと言っても私も仕事を休めないし、付き合ってあげられないので我慢させていることです。

(37/石川県能美市/スーパーのレジ)

シングルマザーになって一番後悔したのはお金の面

やっぱりお金の面が、一番後悔しました。

シングルで子供を養っていくことは不可能ではなく、子供も20近くなればアルバイトをして家にお金を入れてくれるようになりましたが、やはり父親がいる家庭と比べたら、満足な生活ではないからです。

少なからず、今までお金のことで子供にも我慢させてきた事もあると思います。

同年代の子の父親は、ある程度の役職にもついている年代でもありますし、大人になるにつれ友達の家との格差は感じてしまうと思います。

また、私自身もこれからまだまだ働く必要がありますし、私に何かあった時、代わって養ってくれる人がいないのが、やっぱり辛いところだと痛感しています。

父親というのは子供からしたら一生の父親ですので、大人の事情に付き合わせてしまったことが後悔です。

(49/茨城県日立市/派遣社員)

シングルマザーになって後悔したことは、子供に精神的負担や生活上の負担をかけてしまったこと

子供に精神的負担や生活上の負担をかけてしまったことです。

父親の居ない寂しさを感じていると思いますが、子供なりに気を使ってくれているのか、父親についての話題はあえて触れないようにしているように見えます。

また、学校から帰ってきても母親は仕事で居ないため、カギっ子で暗くなるまで一人、という寂しさも与えてしまっていると思いますが、文句ひとつ言わず、待っていてくれます。

公園等で楽しそうに遊んでいる父子を見かけると、うらやましそうな顔をして目をそらします。

生活上の負担としては、やはり離婚前よりも世帯収入は激減しており、思うように外出したり買い物したりできず、行きたい所や欲しいものを我慢させてしまっていることです。

(40/京都府京都市北区/「医療・福祉」の「介護福祉士」)

離婚してシングルマザーになって後悔したことは、お金のこと

離婚して10年になりますが、なんといっても、お金のことを1番後悔しています。

離婚した時から現在に至るまで、ずっと後悔ばかりしています。

もっと貯金しておけばよかったと。

私が離婚をしたのは、今から10年前、子供は2歳でした。

離婚してもなんとかなると思い、子供と2人実家に帰ってきましたが、元旦那からの慰謝料や養育費は全くなく、働くもお金も足りず、生活するためにクレジットカードを作ってはカードローンを繰り返し、自転車操業をしています。

そのため、貯金なんてあるはずもなく、唯一の救いは、正社員で働いていることのみです。

結婚生活は、わずか2年でしたが、その時に旦那の給料を少しずつ自分の口座に移しておくべきだったと後悔してもしきれません。

(38/大阪府大阪市中央区/金融業の営業職)

子育てと仕事の両立が難しくなったことが1番の後悔

まだ子供が1歳きていないときに離婚してしまったので、金銭面も働いていないので困るし、生活するのがカツカツです。

国から母子手当なども頂きますが、やはり、それだけでは生活するのに間に合わないことです。

子供と元旦那には、なかなか会わせてあげれないことも後悔しています。

仕事したいけど限られた時間での労働なので、なかなか仕事も見つからず親に頼りっぱなしになってしまったこと、子育てと仕事の両立が難しくなったことが1番の後悔です。

シングルマザーだと働ける求人も少なく、仕事がほとんど見つからずに不採用になることが多くなりました。

シングルマザーは、1人で面倒みるのにも協力してくれる相手がいないので、夜泣きされたときも睡眠不足にもなるし、体力面でもしんどいと思うようになりました。

(25/香川県高松市/専業主婦)

離婚するからには、経済的に自立してからでないとすべきではない

養ってもらっていたので、子供を育てていくのに金銭的に不自由しました。

想像していた暮らしとかけ離れて、シングルということで手当て金や医療の負担はとても有り難かったですが、全く足りませんでした。

そして手当ての更新の時の窓口での精神的な負担があり、嫌な思いもすることも多かったです。

そういった意味でも、社会的に夫に守られていたんだと改めて思いました。

離婚するからには、経済的に自立をしてからでないとすべきではないなぁと、本当に思いました。

経済的、精神的な自立をしていかないとシングルではやっていけません。

見切り発車では、本当に後悔します。

子供がいるから我慢しよう、または頑張れると思ったけれど限界があります。

もしそのときの自分に会って言うとしたら、色々な意味で自立してからにしなさいといいたいです。

(43/岐阜県岐阜市/パート)

子供にパパがいないことが後悔

子供の幼稚園で父親参観日があるのですが、皆パパが来ていて、うちだけママなのが子供にかわいそうなのと申し訳なさで心が痛いです。

まだ小さいので何も言いませんが、もっと大きくなったら何でうちはこないの?と複雑な気持ちになるのでしょう。

あとNHKいないいないばあという番組で、お父さんの絵を描いている場面があったのですが、思わず『パパがいなくても大丈夫だよね』と子供に聞いてしまいました。

気をつかっているのでしょうか、『いなくて大丈夫だよ』と返答くれるし、つねづね公園でお友達がパパ遊んでいる姿やお出掛けの家族連れを見るにしても辛く、後悔です。

自分はシングルマザーになった事は仕方ないと思いますが、子供が関わってくると後悔があります。

(37/東京都世田谷区/ヘルパー)

家族連れを見るのがとにかく辛かった

子供が2人いますが、上が4歳・下が1歳の時でしたので離婚してすぐの頃は(10年前)、家族連れを見るのがとにかく辛かったです。

近所のスーパーですらわざと遅い時間の人が少くなった時間帯にしか行けなかったり、友達の結婚式や出産報告を受けるといった幸せそうな話などは、やはり、どんなに仲のよかった友達でも心から祝う事はできなかったです。

お金が原因で別れた事もあって、旦那がいる方がしんどかったので、金銭面での後悔は今もありませんが、テレビや雑誌やどんなものであれ家族特集をされると、子供にどこか連れて行ってって言われたらどうしよう、など考えては自己嫌悪に陥ってました。

友達が彼氏や旦那さんを連れて子供と一緒に遠出を計画してくれたりと、外へ連れ出してくれていましたが、仲良さそうな雰囲気やちょっとした2人の関係性に嫉妬なのか何なのか今ではわからないですが、そんな親切さえにも感謝できないほど後悔して、落ち込む毎日だったように思います。

(41/大阪府大阪市平野区/製造業の生産管理 マネージャー)

一番は子供の心のケアをちゃんとしてあげれているのか不安だった

子供を二人抱えて離婚したので、まだ二人とも保育園だった時は突然のお迎え要請など困るときもありました。

途中で仕事を早退したり、当日に出勤を代わってもらったりする頻度が増えたからです。

自分が具合の悪いときも、一人で家事など全てのことをやらなければいけなかったので覚悟を決めて離婚したものの、現実は大変でした。

後はまだ物事をちゃんと理解できない子供たちにとって、父親という存在を奪ってしまったことです。

休日などパパと遊んでいるよその子供たちを見ると、父親の代わりをしてあげるのも難しいなと感じました。

金銭面も手当てやら援助があっても大変でしたが、一番は子供の心のケアをちゃんとしてあげれているのか不安でした。

(33/新潟県新潟市秋葉区/サービス業 飲食店)

離婚してシングルマザーになって後悔したことは、子どもに負担をかけてしまったこと

子どもを育てていくのに、お金を稼がないといけないので、働くことに一生懸命になりすぎて子どもに負担をかけてしまったこと。

休みの日は本当はどこかへ連れて行ってあげたいと思いながらも、仕事の疲れもあり、十分遊んであげれなかったこと。

欲しいものを我慢させることがたくさんあったこと。

男の子なので、気持ちが理解できないことがたくさんあったのではないかと思うと、男親がいないことで、子どもの感情の行き場がないところがたくさんあったのではないかと思う。

ひとり親家庭が増えてきているとはいえ、片親であることで周りと違うという不安を持たせていたのではないかと思う。

お父さんの話を聞かれても、一切教えてあげなかったこと。

また、会いたいと言われても会わせなかったこと。

離婚してなければ、全部なかったことかと思うと、少し後悔があります。

(46/三重県四日市市/医療機関の事務)

まとめ

離婚してシングルマザーになって後悔したことを30人から調査した結果を見てきましたが、いかがだったでしょうか?

やはり、金銭面や子供に寂しいと思いをさせてしまったと回答してくれた女性が多かったように思います。

また父親がいないことで、男の子供の育て方がわからないと答えてくれた人もいました。

確かに、性別が違うと子供が考えていることがわからないということもあります。

もしもそういう悩みを抱えているのであれば、再婚して新しい父親をつくるというのも選択肢に入れるべきでしょう。

再婚して新しい父親ができれば、男の子の育て方もわかりますし、金銭的な負担も大幅に減らすことができる可能性が高いです。

再婚相手を探してみる

結婚相談所 楽天 o-net

シングルマザーは、気軽でいい、やりがいがあるといった面もありますが、それでも大変な側面はかなり多いはずです。

そこで、再婚するという選択肢もあっていいはずです。

ただ、再婚するといっても、「男性と出会える機会なんてない…。ほぼ皆無…。」といった声も聞こえてきます。

そんな方にオススメなのが、結婚相談所の『楽天オーネット』です。

楽天オーネットの男性会員のボリューム層は、35~44歳で、45~49歳の男性も10%以上います。

ですので、あなたの年齢が35~44歳であれば丁度、マッチしている層の男性が多いということです。

また楽天オーネットでは、相手の写真や情報から男性を探すことができたり、会員限定の婚活パーティーも開催しているので、他の結婚相談所と比較しても再婚相手を見つけやすいと言えます。

「再婚してみるのもアリかな…。」と考えている人は、まずは『結婚チャンステスト』という、あなたにぴったりのお相手を無料で診断できるテストを試してみてはいかがでしょうか?

楽天オーネット

このページを読んでいる人にオススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする