主人と愛人が現場で遭遇寸前?!浮気の修羅場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気 修羅場

浮気で修羅場になった体験談をネットで募集しました。

今回、回答してくれたのは神奈川県在住の専業主婦の34歳の女性です。

ご主人と回答してくれた女性の愛人(男性)が、自宅で浮気現場に遭遇しかけたという話です。

実際に、浮気現場に遭遇することはなかったのですが、その後、ご主人から言われてた言葉にゾッとしてしまいます。

主人と愛人が浮気現場で遭遇寸前?!浮気の修羅場

主人と愛人が浮気現場で遭遇寸前?!浮気の修羅場

かなり前のことです。

元々、主人と結婚する前に私は愛人関係にありました。

私は独身で、彼氏ありで、相手は既婚者で妻子もちでした。

その頃、私が付き合っていた彼氏は今の旦那ではありません。

ですが、私が愛人関係だったのは男性は今の主人と同じ職場の人でした。

妻子もちの彼は、よく仕事帰りに居酒屋により一杯飲んでから帰宅することが多く、帰宅すると奥さんは入れ替わりで外出していたそうです。

ですが私も数回、遊んでしまいましたが、その頃に付き合っていた彼氏と別れることになり、その別れた原因は今の私の主人でした。

私は彼氏がいながら今の主人を好きになってしまい、付き合うようになったからです。

そして、主人と付き合うようになり、愛人関係だった彼とは縁をきりました。

主人と結婚

私は、それからしばらくして主人と結婚して普通の生活をおくっていましたが主人と元愛人関係だった彼は同じ職場と言うこともあり毎日、顔を合わせますし私達が結婚した時期に彼は離婚をしてバツイチになり奥さんと子供達は家を出てしまいました。

そして私の主人は、よく自宅に呼びウチで夜ご飯を食べさせたりするようになったんです。

主人は私達が昔、愛人関係だったことは噂では聞いたことがあったようですが私は、その頃ちゃんと彼氏もいましたし、会ったこともあったので不倫をしていることは、ただの噂と信じていませんでした。

私は最初の頃から自宅に呼ばれるのは嫌な予感もしていましたし、主人に嫌だと伝えたこともありましたが、呼ぶ回数が少し減ったと思った頃には主人から呼ばなくても急に彼から自宅に遊びに来るようになってしまったんです。

そして、そうゆうことを繰り返しているある日のことです。

元愛人に自宅で関係を迫られる

主人が酔っ払ってトイレに行った瞬間に抱きしめられ強引にキスされました。

ですが主人はトイレから、すぐ戻って来たので助かりましたが、また翌日、自宅に彼が遊びにきた時は主人も完全に酔っ払ってしまい先に寝るから後は好きに飲んで勝手に帰るなり泊まるように言って一人で二階の寝室に行ってしまったんです。

私は、もう完全に終わったなと確信しましたが、主人に言うことは当然ながら出来ず早く帰るように話をしましたが、強引に押し倒されて叫ぶことも出来ないことをいいことに犯されてしまいました。

それからは彼が来るたんび主人が寝なければ何とか免れていましたが寝てしまうと同じことの繰り返しでした。

主人が飲み会でいない日

そして、ある日、主人が友人との飲み会があり外出した日の夜のこと。

彼がウチに来て主人が居ないことを分かっていたので、また犯されている最中に予定よりも早く主人が帰って来たんです。

いつもなら帰る前に必ず連絡してくるはずなのに何の連絡もなく帰って来るのは初めてだったので私も彼も凄く慌ててしまいました。

彼は何とか洋服を着て裏の庭の窓から外へ出て逃げましたが、私は服がはだけたまま玄関に行きチェーンをはずしました。

そこで、主人に言われたんです。

『もう少しで、あいつの現場を抑えることが出来たのに』と。

『昔、愛人関係だったことは本当だったのか』と。

そして、『こうゆう関係になったのは、いつからだ』と。

私は全て主人に話しましたが主人も薄々、感づいていたようで私には、かなりの我慢をさせてしまったが現場を押さえないことには、どうにも出来ないと思ったようです。

それは職場が同じだから、そう考えたようですが知らないふりをした主人も辛かっただろうとは私も思いました。

ですが主人は私が彼を逃したことに腹を立てていました。

そうなんです…私が逃したんです。

私は私で回数が増えるたんび、慣れてしまった感覚や相手を受け入れる感情が芽生えてしまっていたからなんです。

その後

私達は長い時間、何日も話し合い、私は離婚を考えましたが最終的に主人は離婚せず一緒にいることを決め、今も一緒に生活していますが相手の彼は会社をクビになりました。

それは主人が毎日、職場で顔を合わせるのが耐えられないからとのことでした。

彼が会社を辞めてから数回、私に連絡をよこしましたが私は全て断りました。

今では彼は再婚し偶然どこかで会ってしまっても無視しています。

それは私を許して受け入れてくれている主人の為でもありますが、彼の為でもあるのです。

管理人の解説

解説

登場人物が多く、それぞれの関係性を把握するのが少し難しかったかもしれません。

特に最初に登場する彼氏と愛人は別人物で、結婚前にこの二人と付き合っていたのが、私は最初わかりませんでした。

ですが、文章の途中で、

主人は私達が昔、愛人関係だったことは噂では聞いたことがあったようですが私は、その頃ちゃんと彼氏もいましたし、会ったこともあったので不倫をしていることは、ただの噂と信じていませんでした。

とありますので、ここで彼氏と愛人が二人いたことがわかります。

ご主人と結婚されてから元愛人と関係を持つまでは、良い妻だったのでしょう。

しかしながら、ご主人が自宅に職場の同僚である妻の元愛人を招いてしまったことで、再び浮気をしてしまいます。

ドラマや漫画などでは、このようなシーンをよく見るのですが、実際に浮気相手を自宅に招く人はあまりいません。

なぜなら、バレる可能性が高いからです。

今回は、本人の意思で招いた訳ではないですが、このような修羅場になってしまいました。

おそらくご主人は、同僚が自宅に来ていることを察していたのでしょう。

その罠をしかけたのです。

ですが、直接的な浮気現場を押さえることはできませんでした。

ですが、結果的には妻の自白で浮気の事実は明らかになりました。

このような場合、慰謝料請求して離婚となる夫婦も多いのですが、今回体験談を提供してくれた女性は違ったようです。

ご主人の優しさで、許してくれたのです。

このような修羅場になった後、夫婦はどのようにするのが正解なのかというのはありません。

離婚して、それぞれが幸せに過ごすこともあり得るのです。

そもそも、このような修羅場にならないようにするのが大切で、自分が浮気したり、配偶者にされたりするのはよくありません。

浮気は絶対にやめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする