企業・個人信用調査に実績のある2つの探偵会社・興信所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信用調査で対象となるのは、個人だけでなく企業もです。

どちらの調査にしても、文字通り信用できるのかが結果としてわかります。

悲しいことですが、世の中には詐欺、虚偽報告、誤魔化、不正などがはびこっています。

そのような大袈裟な言葉でなくても、嘘、偽りなどはどこにでもあるものです。

それが本当かどうか調査するのが信用調査です。

実績のあるオススメの探偵会社・興信所を紹介する前に、まずはどのような問題を解決できるのか見ていきます。

個人信用調査で解決できる問題

個人信用調査

社員の横領問題

使途不明金があり、社員が横領したのではないかと疑っている時、探偵事務所・興信所に信用調査を依頼できます。

警察に相談したいところですが、十分な証拠がない限り動いてくれません。

探偵事務所・興信所に信用調査を依頼すると、社員になりすまし怪しい人物の特定をしてくれたり、決定的な証拠を押さえてくれます。

その証拠があれば、刑事告訴したり、お金を返済させることができます。

横領とまではいかなくても、接待費や出張費を必要以上に多く使う役員や社員調査もできます。

本当は何にお金を使っているのか調査することによって、今後の経営に生かすことができます。

会社の機密情報が他社に漏れている問題

会社の機密情報が漏れている場合、システムの問題なのか、社員が他社に流しているかどちらかである可能性が高いです。

もし社員が情報を流しているということであれば、不正競争防止法違反です。

ですが、これも証拠がなければ警察は動いてくれません。

疑わしいだけではダメです。

これも探偵事務所・興信所に信用調査を依頼すれば、社内で潜入調査をしてくれます。

解雇、もしくは辞めた社員が客を引っ張っていないか

会社を辞めた社員が同業種で起業して、客を引っ張ることはよくあることです。

ここで問題なのは顧客管理情報を持ち出していないかということです。

これも不正競争防止法違反に抵触する可能性があります。

疑わしい人物が特定できている場合、行動調査から情報を集めることができます。

採用予定の人物に問題がないか

採用予定の人物に問題がないか、信用できるか調査できます。

周りの評判から、学歴、職歴、素行不良、国家資格を持っているのか、多額の借金がないかなども調査可能です。

行動調査の他に、近所や前の職場などからの聞き込みから調べます。

一度、採用したら簡単には解雇できないように日本の法律ではなっています。

慎重に採用したい場合は探偵事務所・興信所に依頼するのも一つの手段です。

知り合いに融資を頼まれたが、返済能力があるのか

経営者の知り合いや友人に融資を頼まれることがあります。

その時、信用できる相手なければお金を貸すことは避けるべきです。

融資するにあたり、信用できるかどうかは返済能力があるのかどうかということです。

行動調査の結果、闇金にまで手を出しているということがわかれば、闇雲にお金を貸してくれる人物を探しているということですので、融資するべきではないことがわかります。

連帯保証人の依頼

昔の友人・知人から電話があり、借金の連帯保証人になってくれないかと頼まれることがあります。

融資の依頼と同じように、簡単に相手を信用すると痛い目に会うことがあります。

借金の連帯保証人になるということは、お金を借りた本人が返済できない場合、すべて肩代わりしなくてはならないことを意味します。

それで自己破産となる人も多いため、いくら友人や知人でもおいそれと連帯保証人になるべきではないです。

それでも、どうしようか迷っている人は探偵事務所・興信所に信用調査を依頼してからどうするか決めるべきです。

調査の時点ですでに友人・知人が破産寸前であれば当然、連帯保証人になるべきではないですし、返済力が疑わしい場合もやめておいてほうがいいでしょう。

共同経営する予定のパートナー

共同経営とは難しいものです。

いくら会社が大きくなっても、意見の食い違いによってどちらかが会社を去るということが日常茶飯事にあります。

共同経営するパートナーの信用調査をすることによって、少しでも失敗確率を下げることができます。

具体的には借金の有無、ギャンブル癖、素行、評判などを調査することによって、共同経営できる人物か確かめることができます。

婚約者が既婚者ではないか

婚約者の信用調査もできます。

詳しくは彼氏が既婚者かもしれない?!興信所の結婚前調査の予算をチェックしてほしいのですが、意外にもよくあることです。

婚約までしたのに、実は結婚する気はなく、遊んでいるという状態です。

結婚の話になると、うまくはぐらかされてしまうのが特徴です。

婚約者が浮気していないか

婚約者が浮気していないか調査もできます。

この場合の呼び方は信用調査、浮気調査、どちらでもいいと思います。

こちらも、婚約者の彼氏が浮気しているかも…結婚前に興信所に調査を依頼のページに詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

婚約者が借金をしていないか

結婚前に調査しておきたいことの一つにお金の問題があります。

特に借金をしていないか、気になる人も多いのではないかと思います。

探偵事務所・興信所に結婚前信用調査を依頼すれば、尾行・聞き込み・張り込みから借金の有無について調べることが可能です。

もしも消費者金融、銀行、カード会社などからの手紙が届いており、怪しい場合は特に調査を依頼したほうがいいでしょう。

婚約者にギャンブル癖、浪費癖がないか

結婚してから困ることとして、ギャンブル癖、浪費癖があります。

結婚前は自分を偽って恋人と過ごしていたけれど、一緒に生活するようになってから発覚するということがあります。

ギャンブル癖や浪費癖は探偵事務所・興信所の行動調査からすぐに判明します。

娘・息子が連れてきた恋人の信用調査

両親が子供の連れてきた恋人の信用調査を依頼できます。

勤務先、学歴、婚姻関係、、金融状況、健康状態、趣味・嗜好、特技・資格、評判、口コミ、交友関係、家族関係、プライベートの過ごし方、DV癖がないかなどを調査できます。

言葉遣いや態度に違和感を覚えた場合や何か隠している様子がうかがえた場合、特に信用調査を依頼したほうがいいでしょう。

企業信用調査で解決できる問題

企業信用調査

新規取引先の情報収集

新しく会社と取引する場合、信用できるかどうか心配なことが多いはずです。

すぐに倒産して売掛金が回収できなくならないか、取り込み詐欺ではないかなど心配はつきません。

そのような時に、信用調査、及び与信調査をしておけば安心して取引先を増やすことができます。

リスク回避のための調査です。

取引先の経営状況を調査

口コミや噂で取引先の経営状況が良くないらしいと聞いたら、安心してビジネスを続けることができません。

売掛金が回収できなくなったり、ビジネスがいきなりストップしてしまうことも想定されます。

それを未然に防ぐために、取引先の経営状況を調査しておくことは大切です。

特に火のない所に煙は立たぬという諺があるように、口コミや噂で悪いことを聞いてしまった場合はリスクヘッジのために信用調査を依頼したほうがいいでしょう。

うまい投資話が信用できるのか

知り合いの社長や会社からうまい投資話を持ち掛けられるということがあります。

それが本当であればいいのですが、詐欺である可能性もあります。

今は様々な投資話があり、やれFX(外国為替)だ、やれ株式だ、やれ未公開株だ、やれ不動産投資だ、やれ未公開株だ、やれ養殖ビジネスだ、やれワイン投資だ、やれファンド、やれ仮想通貨だのあります。

どれもおいしい話に聞こえますが、そのまま信用してもいいのでしょうか。

そのような時に探偵事務所・興信所に信用調査を依頼して、詐欺話なのか本当にうまい話なのかはっきりさせましょう。

会社や事業の実態がなければ話になりませんし、悪い噂や評判があれば避けたほうが賢明です。

大金を手にする前にリスクヘッジをして、大きな損失を未然に防ぎましょう。

婚活・出会い系サイトの運営会社が信用できるか

最近苦情が多いのが、婚活・出会い系サイトの運営会社が信用できないということです。

ポイントが減るだけで、まったく誰とも会うことができないというケースがあります。

信用できない婚活・出会い系サイトはサクラばかりで、ほとんど女性の登録はないこともあります。

そのようなサイトでいくら結婚相手を探しても見つかるはずがありません。

探偵事務所・興信所に運営会社の信用調査を依頼すれば、詐欺なのかどうか判明します。

ただ、探偵事務所・興信所に依頼すればそれなりに費用も掛かるので、どうしても詐欺なのかどうか知りたいケースを除いては利用するサイトを変更することをオススメします。

融資の案内が来た会社が信用できるか

電話、メール、FAXなどで融資の案内が来ることがあります。

金利も格安で融資可能金額も何千万円もあることから、運転資金に困っている場合、その話にすぐに乗ってしまうことがあります。

○○ビジネスローンのように、しっかりとした名前の融資であるためすぐに信用してしまう人もいます。

しかしながら、本当に信用できる会社のビジネスローンであると言えますか。

多くのケースでは、その融資は闇金である可能性が高いです。

そのような案内が来た時はすぐに信用してはいけません。

探偵事務所・興信所を使って、その会社の信用調査もできますが、するまでもなく詐欺である可能性が高いです。

ですので、そのような案内が来ても無視することが一番です。

金利が非常に魅力的で、そのような融資案内が他にないということであれば、探偵事務所・興信所に信用調査を依頼してから融資を受けるようにしましょう。

企業・個人信用調査に実績のある探偵会社・興信所

HAL探偵社

HAL探偵社は全国に11支店ある信用調査に実績のある大手の会社です。

企業・個人信用調査の料金は1案件30,000円~です。

知りたい情報が増えるごとに料金が上がります。

結婚前信用調査の料金は別で、1案件300,000円~です。

匿名・完全無料で問い合わせも可能ですので、まずは話を聞いてみることをオススメします。

HAL探偵社

原一探偵事務所

原一探偵事務所は業界最大手の会社です。

全国に16拠点に支社があります。

信用調査の実績があり、アフタフォローもしっかりしています。

信用調査の料金は行動調査する場合は1日80,000円~+基本料金40,000円です。

その他の方法で調べる場合は、状況によって異なるため料金は聞いてみないとわかりません。

原一探偵事務所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする