探偵会社・興信所の浮気調査は信頼できるのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵会社・興信所に浮気調査を依頼する時、一番気になることに『信頼』できるのかということがあります。

何か怪しいイメージがあるために、浮気調査の日数や料金を誤魔化したり、強引な営業で無理矢理契約させられるのではないかと思っている人もいます。

はたまた、マジメにやっているかもしれないが、尾行で対象者を見失ったり、張込みでちょっと目を逸らしたすきに逃げられたり、周りの人に探偵会社・興信所に浮気調査を依頼したことがバレてしまうのではないかと心配している人もいます。

確かに昔は法整備がされておらず、悪質な探偵会社・興信所も多かったと聞きます。

ですが、 2007年に探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)が施行され、そのような悪質な探偵会社・興信所は減少しています。

だからといって、すべての会社が信頼できるかといったらそうではないのですが、そこまで神経質になる必要はないのです。

それでは、この探偵業法でどのようなことが規制されているのか、なぜこの法律があると信頼できる探偵会社・興信所だけが生き残るのか説明していきます。

探偵業法の規制のポイント

探偵業法の規制

探偵業法が施行されたことによって、信頼できる探偵会社・興信所だけが生き残れるようになりました。

それでは、探偵業法の何がポイントとなるのでしょうか。

各都道府県の公安委員会への届出

探偵会社・興信所はこの法律の施行により、各都道府県の公安委員会へ警察署経由で届出を提出して、証明書が交付され、営業所の見やすい場所に提示しなくてはいけないことになりました。

つまり、今では国から許可を得なければ営業できないようになったのです。

悪質な行為をした業者は行政処分を受けてしまいます。

行った違法行為の度合いで『指示』、『停止』、『廃止』などの処分を受けます。

そうなってしまっては経営困難、もしくはまったく営業できなくなってしまいます。

行く着く先は廃業です。

ですので、探偵会社・興信所はそのようなリスクを負ってまで悪質な営業をすることはほとんどありません。

完全に信頼できる業者だけが残るとは言い切れませんが、悪質な探偵会社・興信所は自然に淘汰されていくのです。

重要事項説明書と調査委任契約書の交付

探偵業法では契約の際に重要事項説明書と調査委任契約書の交付を義務付けています。

それらの書面では調査内容、料金(見積金額)、支払い時期・方法、実費、成功報酬、解約手数料、結果報告期限、関係書類の処分期限などが書いてあります。

口での説明だけでなく、書面で契約書を残すことが義務付けられたことによって料金トラブルや調査内容のトラブルを防ぐことができます。

ただ、しっかりと重要事項説明書と調査委任契約書をチェックしておかないと今でも料金トラブルや調査内容のトラブルは多くあります。

そうならないために、少なくても以下のポイントは押さえておいてください。

  1. 調査料金、実費、総合計金額
  2. 支払時期・方法
  3. 解約手数料(違約金)
  4. 調査関係書類の処分期限
  5. 調査報告期限

その他、わからないことは契約前に必ず質問するにようしてください。

調査業務の実施に関する規制

浮気調査の結果が違法な目的で利用されると知っていて、探偵業務を行うことはできません。

例えば、犯罪やストーカー行為に関わる依頼などです。

浮気調査の目的が重要視されます。

この業界が怪しいと思っていた人も、実はクリーンな業界であることがこれでわかるのではないでしょうか。

信頼できる探偵会社・興信所が犯罪やストーカー行為に関わる依頼は絶対に対応しません。

秘密保持義務

探偵会社や興信所に依頼する内容な他人に知られたくはないことがほとんどです。

その情報がかんたんに流出してしまっては、堪ったものではありません。

その辺りの事も探偵業法が施行される前は問題になったのでしょう。

しっかりと、法律で規制されています。

重要事項説明書では、関係書類の処分期限も載っているぐらいです。

多くの探偵会社・興信所は浮気調査の終了時までや報告書提出時までに処分してくれます。

そうでなくても、絶対に第三者には情報が漏れないように徹底管理をしているのが当たり前です。

なぜなら、もしも探偵業法に違反してしまったら行政処分を受けてしまうからです。

使用人社員や従業員に対する教育

信頼の置ける探偵会社・興信所であれば使用人や従業員に対して徹底的に教育しているはずです。

探偵業法でも教育の義務化を規定しています。

浮気調査の技術教育はもちろん、探偵業法や個人情報保護法の知識を遵守する教育なども行う義務があります。

しっかりやっていることを証明するために、教育計画書及び実施記録簿の作成も義務付けられており安心です。

探偵会社・興信所の浮気調査は信頼できるか

探偵会社・興信所 浮気調査 信頼

この業界では探偵業法が施行されて、探偵会社・興信所はそれなりに信頼できると感じてくれたのではないでしょうか。

ただ浮気調査を依頼して、本当にしっかりと結果を出してくれるのかと、技術面でまだまだ疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

日本全国には6,000弱の大小さまざまな届出をしている探偵会社・興信所があります。

届出は出していますので、違法なことをしないという意味での信頼はあります。

ただすべての探偵会社・興信所が浮気調査の技術面で信頼できるかといったら別の話です。

どうしても、差が出てきてしまうのです。

どこに依頼するかによって、成功確率はかなり違ったものになると考えられます。

ですので、このサイトでは下記の信頼できるオススメの探偵会社・興信所を厳選しましたので参考にしてみてください。

信頼できるオススメの探偵会社・興信所

安心して浮気調査を依頼するためには、信頼できる探偵会社・興信所に依頼することです。

当サイト(浮気スナイパー)のオススメの探偵会社・興信所は以下の通りです。

全国に対応しており、365日24時間無料相談できます。

原一探偵事務所業界最大手で安心!!

総合探偵社TS無料見積もりのみの相談もOK!!

HAL探偵社業界最安値宣言!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする