相手の家(部屋)への出入りの写真や動画は浮気の証拠になる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相談者のプロフィール

名前:ゆうこさん 世代:40代 性別:女性 職業:専業主婦 住所:岡山 未既婚:既婚

相談者の質問内容のまとめ

旦那が浮気していることが判明。

LINEの内容から判断すると、浮気相手の家(部屋)に行っている様子。

そこで、探偵・興信所に調査を依頼して、証拠を掴みたい。

けれど、浮気相手の家(部屋)への出入り写真や動画は浮気の証拠になるのか不安。

相談者のゆうこさん
旦那が浮気していることが判明しました。LINEの内容から判断すると、浮気相手の家(部屋)に行っている様子です。
浮気スナイパー秘書の巴さん
なるほど。
そこで、探偵・興信所に調査を依頼して、証拠を掴みたいです。けれど、浮気相手の家(部屋)への出入り写真や動画は浮気の証拠になるのか不安です。実際どうなんでしょうか?
ゆうこさんが不安になるのは、もっともです。確かに、ラブホテルへの出入りを写真や動画に押さえた証拠と比較すると、浮気相手の家(部屋)への出入りの証拠は弱いです。
そうなんですね。
はい。ただ、まったく浮気の証拠として使えないかといったらそうではありません。1度だけでは、言い逃れされてしまう可能性が高いので、複数回、浮気相手の家(部屋)への出入りの写真や動画を押さえることで、証拠能力は高くなります。
なるほど。1度だけでは不十分なのですね。
はい。ただ、1度だけでも写真や動画を見せることで浮気を自白した場合は、浮気を立証することが可能です。
また、LINEやメールのやりとり、着信履歴、浮気相手の家(部屋)に行くまでのラブラブな様子などと組み合わせることで、浮気相手の家(部屋)への出入りの写真や動画の証拠は説得力を増します。
なるほど。
ですので、ラブホテルへの出入りの写真や動画だけが浮気の証拠ではないということです。
そうなんですね?!ということは、旦那が浮気相手の家(部屋)で不貞行為をしていたとしても、浮気を立証できるんですね?!
はい。それに、たとえ裁判所が浮気を認めなかったとしても、不法行為と認定する可能性があります。これは、パートナーの不必要な行動によって精神的苦痛を与えられたと見なされることを意味します。
そうなれば、浮気を認められたことと同じように、慰謝料請求することも可能です。
なるほど。
いずれにしても、まずは浮気相手の家(部屋)への出入りの証拠を押さえることです。その後は、探偵・興信所と提携している弁護士に相談することをオススメします。

浮気相手の家(部屋)への出入りの写真や動画は浮気の証拠として有効?!

浮気相手の家(部屋)

調査において、対象者がラブホテルを利用していれば、一発で浮気の証拠を掴むことができます。

それは、ラブホテルの出入りの写真や動画を押さえればいいからです。

しかしながら、浮気相手の家(部屋)で不貞行為をしている場合、言い訳ができてしまいます。

例えば、『ただ映画を観ていただけ!』、『仕事の打ち合わせで資料を見せてもらっていた。』など、様々な言い訳ができます。

これがラブホテルであれば、性交渉する場所として認識されていますので、そのような言い訳をしたとしても、裁判所は認めてくれません。

ですが、浮気相手の家(部屋)であった場合、性交渉する場所ではないので、言い逃れされてしまう可能性もある訳です。

それでは、どうすればいいのかについて考えていきます。

浮気相手の家(部屋)への出入りの写真や動画を複数集める

浮気相手の家(部屋)への出入りが1回だけであれば、言い訳をしやすいです。

ですが、何回も出入りしていれば、それだけ二人の関係性は深いことがわかります。

ですので、言い逃れしにくくなります。

たとえ、不貞行為が認められなくても、不法行為が認められ、離婚の原因と認定されたり、慰謝料ももらうことができる可能性が高いです。

少なくても3回、できれば5回以上の浮気相手の家(部屋)の出入りの写真や動画を集めましょう。

滞在時間も重要

浮気相手の家(部屋)にいる滞在時間も重要なポイントです。

入って、すぐに出てきた場合、不貞行為の時間はなかったとみなされてしまいます。

最低でも40分、1時間、2時間などの意見がありますが、具体的に、何分以上滞在していなければ浮気の証拠として認められないということはありません。

ただ長ければ、それだけ親密な関係であると解釈される可能性は高いです。

短かったとしても、他の状況証拠があれば有効である可能性もあります。

もちろん、短すぎる滞在時間では、常識的に考えて不貞行為は無理だと判断されるのは間違いないでしょう。

理想は1泊したり、部屋の電気が消えた長い時間があったなどの証言があることです。

探偵・興信所に依頼すれば、第三者として証言してくれますので、安心です。

他の浮気の証拠を集める

他の浮気の証拠を集めることで、浮気相手の家(部屋)への出入りの写真や動画が1回きりでも大丈夫なケースもあります。

詳しくは、慰謝料請求や離婚裁判で使える7つの浮気の証拠の集め方をチェックしてもらいたいのですが、レシート、メール、LINE、SNS、手帳などに浮気の証拠が残っている可能性があります。

それらの証拠と合わせることで、不貞行為を立証できる可能性があります。

また、探偵・興信所が浮気調査している間に対象者がキスしたり、手をつないだり、腕を組んだりしている現場の写真や動画も有効です。

もちろん、それだけでは不十分ですが、浮気相手の家(部屋)への出入りの写真や動画と会わせることで、証拠能力は高まります。

自白させる

リスクのある方法ではありますが、浮気相手の家(部屋)への出入りが1回だけでも、自白があれば不貞行為を立証できます。

そのリスクとは、自白しなかった場合、再び、浮気の証拠を集めることは困難であるということです。

浮気相手の家(部屋)への出入りの写真や動画を見せたら、探偵・興信所に調査を依頼していたことがバレます。

ということは、今後、警戒して浮気相手と会わなくなる可能性や、気づかれないように会う確率が高いです。

そうなると、慰謝料請求はできませんし、離婚したい場合も難しいです。

ですので、自白させるというのは、最後の手段として取っておくべきです。

どうしても、これ以上、浮気の証拠は掴めないとなった場合には、このような強硬手段を実行しましょう。

オススメの探偵事務所

浮気の決定的な証拠を掴むためには、探偵事務所に調査を依頼することです。

当サイト(浮気スナイパー)のオススメの探偵事務所は以下の通りです。

全国に対応しており、365日24時間無料相談できます。

原一探偵事務所業界最大手で安心!!

総合探偵社TS無料見積もりのみの相談もOK!!

HAL探偵社業界最安値宣言!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする