不動産営業マンの夫の浮気で、探偵に依頼して証拠を掴んだ話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産営業マン

不動産営業マンの夫の浮気で、探偵に依頼して証拠を掴んだ話です。

この話を提供してくれたのは、兵庫県西宮市在住、36歳の女性です。

夫は、39歳の不動産営業マンです。

一般的には、不動産営業マンは遊び人が多く、浮気する傾向にある言われていますが、どうなのでしょうか?

火曜日や水曜日の平日に休日が多いことから、専業主婦と不倫しやすいのは間違いありません。

ただ、この話の浮気相手は専業主婦ではありません。

候補は、同じ会社の事務の女性か美容師のどちらかが出てきます。

一体、どちらの女性と浮気したのでしょうか?

不動産営業マンの夫の浮気で、探偵に依頼して証拠を掴んだ話

不動産

夫の浮気の兆候

夫の浮気を見つけました。

最近になって、やたらと遅く帰る日や出張が増えました。

夫にそのことについて聞いてみると、不動産が良く売れて、遠くへ行く機会が増えたからという説明を受けました。

確かに最近の給料はとてもいいです。

不動産販売なので、歩合なので、給与明細など見れば明らかに成績が上がっていることが分かります。

私へのプレゼントも増えていたので、正直、文句は言えませんでした。

しかし、同時にスマホをロックする様に成りました。

以前まではそんなことしていなかったのに、急にするようになりました。

そのことについて聞いてみると「スマホを紛失すると悪用されて、顧客に迷惑を掛ける可能性があるから、またそれによるペナルティーが怖いから」と言っていました。

確かにそれはそうだと思いますが、ではなぜ今までしなかったのかというのが正直な疑問でした。

お風呂に入っている間にスマホをチェック

その時はそれで放置していたのですが、ある日、夫がお風呂に入っている間にスマホを開けてみようとしました。

残念ながらパスワードは分からなかったのですが、ロック画面からでもラインのメッセージを一部見ることが出来るので、見てみると女性の名前がありました。

なんか楽しそうなムードでトークしているので、ここで浮気を疑い始めました。

名前に聞き覚えは無いので、夫の部屋の引き出しから同じ名前の名刺が無いかを探してみました。

何枚か探したのですが、元々ラインの女の名前が「あい」となっていたので、特定することは難しかったです。

しかし、名刺の中から「愛子」、「愛実」という名前の女性を見つけました。

片方は美容師、もう片方は同じ会社の事務の女性でした。

違う可能性はありますが、この二人のどちらかだろうと思いました。

その後も毎晩、夫がお風呂に入っている間にスマホのロック画面から見えるメッセージを確認しました。

名刺とメッセージが見える画面は写メを取りました。

一応、後で証拠が必要な時に使えると思い取っておきました。

2週間ほど粘った結果、美容師の可能性が高いと思いました。

そして、3週間目になると「今度ツーブロックにしたら?」というメッセージを見つけました。

そして、数日後、夫がヘアカットから帰ってくるとツーブロックになっており、さらにやたらとご機嫌でした。

この時、あいの招待が美容師の愛子であると確信しました。

残念ながら美容師のアイコンの写真は、ロック画面からは見えないので分かりませんでした。

しかし、名刺には店の名前が書いてあったので、ネットで調べてみるとスタイリストの欄にその女の写真がありました。

探偵事務所に浮気調査を依頼

これらを探偵事務所に持っていきました。

探偵さんも、これは一般的に言う浮気の可能性が高いと賛同してくれました。

そして私が探偵さんに離婚したい旨を伝えると、驚きの言葉を貰いました。

なんと一般的に言う浮気では、離婚は難しいのです。

不倫で離婚を申し立てたいなら不貞行為が必要です。

つまり、離婚したいなら、夫がその女と肉体関係を持っている証拠を押さえないといけないのです。

また肉体関係が無くても、それに値するぐらいの親密な関係でないと訴えるのは厳しいです。

基本的に、一緒に同じ部屋で泊まったら、言い逃れが出来ないと教えて頂きました。

そこで探偵さんに夫の出張の日を伝え、尾行してもらいました。

GPSを付ければ高くなるので付けませんでしたが、尾行だけでも十分な情報は取れます。

出張が月に3回あったのですが、最後の出張では、なぜか美容師が一緒に新幹線に乗っている写真を貰いました。

これで浮気は確定です。

そして、その晩は温泉に泊まっていました。

正直、悔しかったですが、証拠を掴んだらなぜか達成感がありました。

その後、慰謝料請求と親権をもらって離婚

後日、この証拠を基に夫に離婚したいことを伝えました。

最初は硬直状態が続きましたが、1カ月もすると離婚することになりました。

しっかりと慰謝料も親権ももらえました。

管理人の解説

解説

不動産営業マンに遊び人が多いと言われますが、それはなぜなのでしょうか?

その理由を解説します。

不動産営業マンは、話し上手は男性が多いです。

それは当然で、話下手では契約を取ることができないからです。

ですので、不動産営業を通して、必然的にトーク術は磨かれるのです。

そのトーク術が仕事だけで使えるのかと言えば、そうではありません。

合コンや異性を落とす時にも、武器として使うことができます。

そんな武器を持っているのに、仕事でしか使わない男性が多いかと言ったら、少ないと言わざるを得ません。

プライベートで、合コンや異性を落とす時に使ってしまう男性は多いのです。

もちろん、独身であれば、それでも何も問題はありません。

ですが、既婚男性であれば、浮気となるのです。

いくら女性と上手くコミュニケーションを取れるからといって、肉体関係を結んでしまえば、それは不貞行為です。

妻への裏切りに相違ありません。

慰謝料請求や離婚を請求されても、何の文句は言えないのです。

このページを読んでいる方にオススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする