夫が友人と口裏を合わせて浮気を隠す!フェイスブックで相手を見破る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口裏合わせ

夫が友人と口裏を合わせて浮気を隠しており、その友人を問いただすことで、浮気を白状させ、浮気相手が誰かは教えてくれなかったため、フェイスブックでその相手を見破った体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、東京都世田谷区在住、30歳の会社員、事務職で働ている女性です。

夫も30歳で、会社員、営業だそうです。

浮気を隠すために、友人を共犯者にして口裏を合わせ、周りを巻き込んでいるところに悪質さを感じます。

ただ実際には、このような男性は多く、自分の浮気を隠せればそれでいいと思っています。

浮気を隠すことに必死で、周りが見えていないのです。

しかしながら、どこからしらに綻びは生じるものです。

その綻びをつくことで、浮気を見破ることができるかもしれません。

夫が友人と口裏を合わせて浮気を隠す!フェイスブックで相手を見破る

フェイスブック

夫の浮気を疑い始めたきっかけ

29歳のときに主人と結婚し、知らない街よりかはいいだろうと共通の友人がたくさん住んでいるエリアへ引っ越しました。

週末には友人と出掛けたり、お互いの家を行き来したり、行きつけのバーが出来て仲間内で飲みに行ったりと充実していました。

結婚して半年が経ったころ、平日だろうが休日だろうがお構いなしにある特定の友人(男性)と頻繁に出かけるようになりました。

共通の友人なので私も同行をお願いすると、男同士のほうが気楽だからとか、悩みがあるから相談したいと言ってるとか、いちいち理由をつけては2人で遊びに行って遅くまで帰って来ませんでした。

他の友人を含めて遊びに行くことはよくあったのですが、その中でも仲の良い友人だったので始めは気にもとめていませんでした。

しかし、回数が多くなるにつれて怪しいなと思い始めたのです。

女の勘です。

金曜日になると朝まで帰ってこなくなり、とうとう浮気を疑い始めました。

夫に事実を聞くと、逆切れ

まずは本人に「最近○○君とばかり遊んでいるけど、本当に○○君と会っているの?」と聞きました。

すると、いきなり怒り出し「○○君と遊ぶのになんで疑われなきゃならないんだ?○○君に聞いてみろ!」と言われました。

「浮気しているの?」と聞いたわけではないのに怒り始めたことで、やはり黒だと確信しました。

人は本当のことを言われると怒りますよね。

こうなると○○君は浮気の言い訳の為に使われているだけ、または口裏を合わせてほしいと頼まれている共犯者だと推理しました。

友人の家に突撃する

主人が本当に○○君と遊んでいたかどうか本人に聞いてみろと言っていたので、後日、彼の家まで突撃しました。

電話やメール、ラインでアポを取ると主人に情報を流されると思ったからです。

実際に○○君に聞いてみると、主人と遊んでいたと証言したのですが、やはり様子がおかしかったので、整合性を持たすために、浮気を疑い始めてから日記につけていた、主人から聞いた○○君と遊んだ日に行った場所、時間にズレがないかを尋ねました。

そしたら○○君はこの日はバーへ行ったと言っているのに、主人は焼き鳥屋へ行ったといい、また別の日は終電までに別れたと言っているのに朝まで帰ってこなかったりと、言ってることが双方バラバラでした。

○○君へ問い詰めると、あっさり主人の浮気を白状しました。

しかし、相手の女性については頑なに教えてくれませんでした。

様子をみていると、どうやら○○君も知っている人だろう、と予測がついたので、帰宅してから探偵を始めました。

Facebookで浮気相手を見破る

主人の携帯はロックがかかっているので、普段PCで見ているFacebookに目を付けました。

主人が風呂に入っている間に開きっぱなしのFacebookを拝借し、メッセージを閲覧。

浮気相手と思わしきメッセージを発見しました。

出会って間もない頃にやり取りをしていたであろうメッセージでした。

ラインの連絡先を教えてと、やりとりがあっただけなのですが、彼女のホームにとんでみると○○君と共通の友人でもあり、タイムラインには主人と一緒に写った写真がいくつか掲載されていました。

私達の共通の友人と、行きつけのバーで撮った写真がちらほら見えたので、常連なのだと思いました。

決定的なのは、主人が焼き鳥屋へ行ったと言っていた日の写真に、主人の姿は写っていませんが、焼き鳥の投稿があったのです。

浮気確定までとは情報が弱すぎて言えないので、○○君にカマをかけてみることにしました。

電話をして「主人から全部聞いた。彼女が浮気相手なんでしょう。これからどうしよう。」と相談を持ちかけるように話してみると、否定せずに謝罪されました。

夫に浮気の是非を尋ねる

以上の証拠が揃ってから、主人に浮気の是非を尋ねると認めました。

離婚するつもりはなく、夫婦としてただ事実を知りたかったので探偵などにはお願いしていません。

この浮気調査が成功した秘訣は直接本人に問い詰めるのではなく、周りから証拠を固めたことだと思います。

管理人の解説

浮気をしている人は、どうにかして隠そうとします。

これは当然で、浮気がバレたら慰謝料請求や離婚を突きつけられ、夫婦生活が破綻してしまうことを恐れているからです。

時には、この男性のように友人を利用して、口裏合わせをします。

そうなると、見破るのは難しいですが、どこかには矛盾が生じていることが多く、そこを突き詰めて考えれば、真実を突き止めることができる可能性が高いです。

この女性は、日記をつけること、友人の家に突撃すること、Facebookで浮気調査することで、浮気を見破ることに成功しました。

日記をつけるのは面倒ですし、時間が掛かります。

友人の家に突撃するのは、勇気がいりますし、話術が必要です。

Facebookでの浮気調査は、かんたんで、気軽ですが、証拠能力としては弱いです。

ですので、最も確実なのは探偵に浮気調査を依頼することです。

そうすれば、夫が何を隠しているのか知ることができます。

今は慰謝料請求や離婚を考えていないとしても、裁判でも使えるような浮気の証拠を押さえておいた方がいいです。

いざという時の備えがあるのとないのでは、心の余裕が違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする