図解クイズ!IQ120以上あれば、18個以上の三角形を見つけられる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三角形

このサイトを見てくれている方の多くは、パートナーの浮気に悩んでいると思います。

そして、自分で浮気調査を試みている人も多いことかと思います。

そこで、このページでは観察力を鍛える図解クイズを出したいと思います。

上の図を見てください。

これは、2016年12月7日に中国メディアである『人民日報』をtwitterで出題して話題になった問題です。

人民日報は次のように言っています。

『この図から、どのくらいの三角形を見つけることができる?IQ120、もしくはそれ以上の人は18個の三角形を見つけることができると言われている』そのように、言っています。

実は、この図には18個以上の三角形があるのですが、どれくらい見つけることができますか?

名探偵シャーロック・ホームズは、次のような名言を残しています。

『You see, but you do not observe. The distinction is clear. 』訳すと、『君はただ眼で見るだけで、観察ということをしない。見るのと観察するのでは大違いなんだ』と言っています。

浮気調査においては、この観察するということが、ものすごく大切です。

この問題で、その観察力を鍛えてください。

どうですか?

何個見つかりましたか?

8個?いやいや、もっと観察してみてください。

10個?いやいや、まだまだあります。

16個?う~ん、もうちょっと頑張ってみてください!!

浮気調査に大切なことは、まさにこれです。

ふつうに見ているだけではただのレシートが、観察することによって矛盾に気づき、パートナーの行動がおかしいことに気づくことがあります。

場所、日時、買ったものなど、よく観察してみてください。

いつもはパートナーが行かないお店、なぜか2個買っているジュース、勤務先から離れた場所に行く理由、この時間では仕事が終わって5分後で行けるはずがないことなど、様々な浮気のヒントが隠されています。

もちろん、レシートだけではありません。

至る所に、観察するべき場所、ポイントがあります。

車、ごみ箱、鞄、財布、内ポケット、携帯、スマホ、キーケース、デスクの引き出し、挙げれば切りがありません。

そうこう言っているうちに、多くの三角形を見つけることができたでしょうか。

答えは、あなた自身で見つけてください。

それでは、モヤモヤする?

それも鍛錬の一つです。

そのぐらいしないと、浮気調査に必要な観察力は強化できません。

○○個を10秒で見つけたことは自慢になるのから、伏せておこう。

ちなみに、twitterでは何個ではないかと様々な意見が出ているようです。

見事に18個の三角形を見つけることが出来ています。

IQ120以上あるということでしょうか。

この方は、24個も三角形を見つけることができたみたいです。

他にも、25個、28個見つけることができたと言った声もあります。

一体、どれが正解なのでしょうか…。

あなたは、何個の三角形を見つけることができましたか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする