携帯の指紋認証のロックを解除して夫の浮気を見破った体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン ロック 解除

携帯の指紋認証のロックを解除して夫の浮気を見破った体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、大阪府大阪市住之江区在住の31歳、専業主婦の女性です。

夫の年齢は33歳で、製造業の営業職とのことです。

最初、携帯のロックは暗証番号だったようですが、いつの間にかより見られにくい指紋認証に変わっていたようです。

ですが、夫が寝ている時に、コッソリ指紋認証のロックを解除することに成功しています。

寝たら、絶対に起きないタイプの男性だったからこそできた方法です。

指紋認証のロックを解除して発見した浮気のメールには、どのようなことが書かれていたのでしょうか?

携帯の指紋認証のロックを解除して夫の浮気を見破った体験談

指紋認証

うちの夫に限って、浮気することはないだろうと安心していた

2年前、主人の浮気をつきとめた体験談です。

主人は営業マンだったので、社内の飲み会やお得意先との接待も多く、帰る時間も不規則でした。

残業も多く、定時で上がって家にまっすぐ帰ってくる事など皆無で、休日が唯一家族で過ごせる時間でした。

こんなに平日家に居なければ、外で浮気されていても分からないだろうな、と内心思ったりもしました。

思っていただけで、特に疑っていた訳ではありませんでした。

休日は娘の事もかわいがり、家族サービスも十分してくれていたし、何より私への愛情表現もあったので、うちの主人に限ってそんな事はないだろうと安心していました。

毎日遅くまで身を粉にして働いて、私たち家族を養ってくれている、と感謝していたほどです。

しかし、そんな穏やかな日々は続きませんでした。

浮気の兆候

私が最初に異変を感じたのは、主人の携帯が家の中でよく鳴るようになったからでした。

以前はリビングのテーブルやソファの上に置きっぱなしで、鳴ったとしても仕事関係の着信くらいでした。

しかし、メールの音が鳴るようになり、あまり家の中でメールを打っている印象がなかったので気になりだしました。

メール画面を横から覗くのも気が引けるので「誰から?」と聞いてみましたが、会社の同僚や友人との返答でした。

最初はそうなんだ、と気に留めていなかったのですが、携帯を家の中でも持ち歩くようになり、何かおかしいと感じ始めました。

帰宅時間も、いつも日付が変わってからの帰宅になりました。

いつもしない事をするようになると、一緒に暮らしている家族は勘づくものです。

【関連】夫や妻の浮気の兆候!実際にあった話を84人に聞いてみた

暗証番号を入力して、夫の携帯のロックを解除

私は疑ってしまう自分が嫌で、何もありませんようにとの思いで携帯を見てみようと決心しました。

4桁の暗証番号が設定されていましたが、事前にチェック済みでした。

主人がロックを解除する時を見計らってさりげなく背後を通り、こっそり覗いて覚えていました。

難なく解除に成功し、メール画面を開きました。

すると消去した形跡がありました。

発着信も消去された形跡があり、私の不安はますます募りました。

そこで主人がお風呂を終えた音が聞こえてきたので、断念しました。

指紋認証のロックを解除

日を改めてまたチャレンジすると、なんとロック解除が暗証番号から指紋認証に変わっていました。

私の携帯チェックが怪しまれたのかどうなのか、途方にくれました。

指紋認証はさすがに主人の指がないとロック解除できないので諦めようかと思いましたが、主人の就寝中の解除を企みました。

幸いにも、主人は一度熟睡モードに入ると、ちょっとやそっとでは起きません。

時を見計らって主人の携帯を持ち、親指をそっとボタンの上に乗せてロック解除を試みました。

この瞬間が一番ドキドキしました。

もし途中で起きてバレてしまったら、絶対に怒られて、もう二度と見られなくなると思います。

しかし、あっけなく解除されました。

こんなにも簡単なのかと思ったほどです。

解除をして、真っ先にしたのが自分の指紋登録です。

これで、この先自由に主人の携帯を見る事ができます。

その日も何も怪しいメールなどはありませんでした。

夫の携帯のチェックから浮気相手からのメールを発見

それからというもの、主人のお風呂の時間を見計らって、毎回携帯をチェックしていました。

そして、ついに見つけてしまったのです。

メールを消し忘れたのか、相手からきたカップルがやりとりするような文面を見てしまいました。

「この前は楽しかった、また連れて行ってね、好きです」という内容でした。

全身鳥肌がたちました。

嫌な予感は的中するものです。

夫を問い詰める

私は平常心を保てなくなり、お風呂から上がった主人にすぐ問い詰めました。

主人は浮気を認め、平謝りでした。

ただ下心はあったが、一線は越えていないとの事でした。

そこまでは携帯では確かめようがありませんので、本当かどうかわかりませんが、信じる事にし、たっぷりお灸を据えておきました。

それからは携帯を持ち歩くような怪しい素振りもなくなり、私も心穏やかに過ごせるようになりました。

管理人の解説

解説

夫に浮気の疑いがある場合、真っ先にチェックするべきは携帯電話であるのは間違いありません。

ただ、ロックが掛かっている場合、中身を見ることはできません。

暗証番号のロックであれば、推測したり、コッソリ指の動きを観察することで解除できます。

しかしながら、指紋認証のロックの場合、直接、本人の指紋を認証しなければならず、容易なことではありません。

唯一チャンスがあるとすれば、夫が寝静まっている時です。

その時に指紋認証をロックを解除できれば、携帯の中身を見ることができます。

この体験談を提供してくれた女性も同じようにして、指紋認証のロックを解除することに成功しています。

そこで見つけたメールは、「好きです」といった類の内容でした。

本当は、これだけでは不貞行為の証拠とはなりません。

事実、この女性の夫は、一線は越えていないと言い張ることができました。

これが本当か、嘘なのかはわかりませんが、たとえ一線を越えていたとしてもメールの証拠だけでは言い逃れできてしまうということです。

それでも夫に一泡吹かせたということで満足であれば、それでもいいかもしれませんが、真実は闇に葬られたとも言えます。

それに、お灸を据えた程度で浮気を止めてくれる夫であればいいですが、一度浮気した男性は繰り返す傾向があるのも事実です。

そうならないためにも、法的な処置を施すのがオススメです。

具体的には、慰謝料請求、二度と不貞はしないとの誓約書、もしくは離婚です。

法的な処置を施すためには、決定的な証拠を押さえる必要があります。

決定的な証拠を押さえるためには、探偵事務所に調査を依頼するのが有効的な手段です。

ただし、お金が掛かるというデメリットもあるため、メリット・デメリットをよく考えて依頼するようにしましょう。

このページを読んでいる方にオススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする