旦那が大嫌い、ムカつく、早く死ねと思う瞬間25選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旦那 死ね 大嫌い ムカつく 怒り爆発 雷 落ちる 木

夫婦生活も長いと、旦那が"大嫌い、ムカつく、早く死ね"と思う瞬間もあるはずです。

夫婦生活が長いと、と書きましたが、新婚でそのように思う妻もいます。

その場合、新婚なのに離婚したいと思ってしまうこともあります。

『結婚を決めたのは自分なんだから、少しの事であれば我慢しなさい!』という周りの声も聞こえてきますが、旦那が大嫌い、ムカつく、早く死ねと反射的に思ってしまうのですから、仕方がないことです。

妻に思いやりを持てない、旦那が悪いということもあります。

それでは、どのような瞬間に旦那が"大嫌い、ムカつく、早く死ね"と思うのでしょうか。

今から、一気に見ていきましょう。

旦那が大嫌い、ムカつく、早く死ねと思う瞬間25選

旦那が大嫌い、ムカつく、早く死ね

1.旦那が浮気した

旦那が浮気したら、大抵の妻は"大嫌い、ムカつく、早く死ね"と思います。

もしそう思わないのだとしたら、相当に冷めているか、聖母のような妻です。

浮気は離婚の原因になったり、慰謝料請求もできる重大な出来事ですので、"大嫌い、ムカつく、早く死ね"と思ってしまっても仕方がありません。

悪いのは、浮気をしてしまった旦那です。

しっかりと話し合って、今後どうするのか決定しましょう。

2.『専業主婦は楽でいいよな!』と言われた

嘲笑する 旦那 死ね

『専業主婦は楽でいいよな!』なんて言われたら、かなりムカつきますよね。

専業主婦は育児、料理、洗濯、掃除、近所付き合い、買い物、家計のやりくりなどを休みなしでやらなければなりません。

それなのに給料ももらえないし、社会的地位も得ることができません。

旦那や子供のためを思って、日々、大変な思いをしているのです。

それなのに、旦那に『専業主婦は楽でいいよな!』なんて言われたら、やってられません。

ムカつき、大嫌いになり、『早く死ね!』と言いたくなる瞬間です。

3.『ゲームしてるから静かにして!』と言われた

今はゲーム依存症の旦那が増えていると言われています。

そのため、大の大人の男性に『ゲームしてるから静かにして!』と言われることがあります。

何でもないことを言おうとしたらのでしたら、まだ我慢はできます。

ですが、子供のことやお金のことなど大事な話をしようとしているのに、上のようなセリフが返ってきたら、旦那のことが大嫌いになってしまうことがあります。

それは当然で、子供やお金のことよりもゲームのほうが大事なのですから、そうなってしまっても仕方がありません。

4.食事中にオナラをする

夫婦であるので、一緒にいる時にオナラをするのは自然なことです。

ですが、食事中にするのはマナー違反です。

1回や2回、つい出てしまったのであれば、まだ許すこともできます。

しかしながら、悪気もなく何回もするのは、本当にムカつく行為です。

大嫌いになり、早く死ねと思う瞬間です。

5.マザコンである旦那の姿を見た時

マザコンである旦那の姿を見た時も、大嫌いになり、早く死ねと思う瞬間です。

例えば、何でも母親に相談して、自分で決められなかったり、何でも妻ではなく母親の味方をする瞬間です。

大の大人の男性がすることではありません。

母親を大切にするということは大事ですが、限度がありますし、妻を軽んじていいという訳ではありません。

そのことを注意すると、逆ギレしたりするのもムカつく瞬間です。

6.暴力を振るわれた時

暴力を振るわれた時、旦那が大嫌いになり、ムカつき、早く死ねと思います。

そう思えるのであれば、健全です。

精神的におかしくなっている妻の場合、暴力を振るわれている自分が悪いと思ってしまいます。

殴られたり、蹴られたりする度に自分自身を責めていては、余計に精神的に悪いです。

どんな理由があろうと、暴力を振るうほうが悪です。

たとえ自分も悪かったとしても、暴力を振るった時点で、旦那のほうがダメです。

浮気と同じで、これも離婚原因ですし、慰謝料請求もできる事案です。

暴力 旦那 DV 

7.パチンコばかりで、貯蓄できない

旦那がパチンコ好きの場合、貯蓄できないことがほとんどです。

なぜなら、ギャンブルは負けるにようになっているからです。

専業でパチンコをやっているのであれば勝てる人もいますが、仕事の合間に行ったり、休日や連休だけ行くような人はトータルで9割9分負けます。

旦那がそうであり、貯蓄をしたいのであれば、妻としては止めるのが普通です。

ですが、そのような男性は依存症であるので、決してパチンコをやめることはできません。

趣味で月に数万円負けるぐらいであれば、許容範囲である妻もいますが、10万円近く負けたりしたら、家庭は火の車です。

そんな旦那を見て、早く死ねと思うのは無理もないことです。

当然、大嫌いになりますし、ムカつきますよね。

今はパチンコの話でしたが、競馬、競艇、競輪、カジノなどでも同じです。

将来のことをまったく考えていない旦那を持つと、苦労します。

8.借金が発覚

借金を隠していて、それが発覚した時は相当ムカつく瞬間です。

それがギャンブルであれ、大きな買い物をしたのであれ、友達の借金を肩代わりしたのであれ、内緒にしていたことがイライラさせます。

もちろん、この場合、ムカつくだけではありません。

ショックの方が大きいかもしれません。

ショックを受け、ムカつき、大嫌いになってしまいます。

早く死ねと思う一方で、その後、借金は私が払わなければならないのかと不安になってしまうこともしばしばです。

樋口総合法律事務所

9.態度が偉そう

旦那の態度が偉そうだと、本当にムカつくことがあります。

『掃除できていないところがまだあるじゃないか!!』、『メシはまだか!!』、『もっと力を込めてマッサージできないのか!!』など、細かい点を上から指図してきたら、大嫌いになってしまいます。

気遣いのない旦那に嫌気がさしてしまいます。

10.生活費を渡さない

生活費をまったく渡さない旦那は話になりませんが、これで生活できるのかと思うぐらいの金額しか渡さないこともあります。

そんな旦那を見て、大嫌いになり、ムカつき、早く死んでほしいと思ってしまうことがあります。

特に、専業主婦で育児や家事が大変で、働くことが難しい状況で生活費を渡さないのは、やはり、おかしいと言わざるを得ません。

経済的DVです。

離婚するにも、子供のことを考えると、難しいことあります。

そんな時は、妻は旦那事を"大嫌い、ムカつく、早く死ね"と思ってしまいます。

貧乏 女性 お金

11.育児を一切しない

旦那が仕事をして、妻が専業主婦の場合、育児を主にするのは妻です。

ですが、旦那が育児を一切しなくてもいいということではありません。

父親にも、子供を育てる義務があります。

それでも、仕事に一生懸命で十分な生活費を入れてくれるのであれば、まだ問題ありません。

ですが、収入も低く、共働きであっても、まったく育児をしない旦那も存在します。

そんな旦那に対して、ムカつきますし、大嫌いになることがありますし、時には早く死ねと思ってしまうこともあります。

12.妊娠中に家事をまったく手伝ってくれない

男性に、妊娠中の女性の辛さを完璧に理解できる訳がありません。

ですが、思いやりは持てるはずです。

つわりで辛い時は、積極的に家事を手伝ってくれてもいいはずです。

それなのに、まったく協力してくれないとしたら、旦那のことを大嫌いになっても無理はありません。

家事を手伝ってくれないどころか、父親になる自覚がなく、毎晩飲み歩き、帰ってきたら酔っぱらって迷惑を掛ける旦那であれば、早く死ねと思ってしまうこともあります。

妊娠中 家事

13.ケチ過ぎる

旦那が節約家であれば、家計にもやさしく嬉しいことです。

ですが、ケチ過ぎる旦那は、大嫌いになってしまうこともあります。

例えば、外食する前に、ご飯やもやしを食べて、注文しすぎないようにしようと言ってきたり、ティッシュは一度だけで捨てるのはもったいないと言ってきたりすることです。

クーポンを使ったり、割引になる曜日に映画を観に行ったりというのは、節約家です。

ケチ過ぎる旦那と一緒にいるのは、窮屈ですし、何より楽しくありません。

そんな旦那と毎日過ごしていれば、早く死ねと思い始めてしまうのも仕方がないのかもしれません。

14.体臭や口臭がくさい

女性は男性に比べて、嗅覚が優れています。

そのため、旦那の体臭や口臭がくさいと嫌悪感を抱いてしまいます。

毎日、一緒にいるとなると大嫌いになり、早く死ねと思うようになってしまいます。

加齢臭は、ある程度の年齢になると、どうしても避けることができません。

ですが、タバコやコーヒーの臭いなどは、水を飲んだりすることで和らげることはできます。

そのような努力をしてくれない旦那だと、余計に腹が立ってしまいます。

メンズデオ8400(世界10か国で特許取得の体臭サプリメント)

15.無視する

話しかけても、無視する旦那もいます。

仕事で疲れているという理由であれば、まだ我慢できます。

しかしながら、面倒、話しても面白くない、鬱陶しいなどの理由で無視されたら、かなりムカつきますよね。

その生活が続いたら、旦那のことを大嫌いになり、早く死ねとさえ思ってしまうかもしれません。

16.休日は家でゴロゴロ、まったくデートしない

旦那 スマホ ゲーム ダラダラ 家 部屋

休日は、仕事で疲れているので家でゴロゴロしたい気持ちは理解できます。

しかしながら、その生活が1年、2年と過ぎていき、10年間でデートしたのは数回あったかなという夫婦もいます。

当然、妻は不満が溜まっている可能性が高く、旦那を大嫌いになっているかもしれません。

毎週どこかに出掛けるのは無理でも、少なくても1ヶ月、いや数ヶ月に1回はデートしたいと思っている妻は多いです。

旦那がどこにも連れていってくれなくて、ムカつくというセリフは女子会などでもよく聞きます。

早く死ねとまでは思われなくても、鬱憤が溜まっていくのは間違いありません。

17.服を脱いだら、脱ぎっぱなし

些細な事かもしれませんが、つもりつもると大嫌いになってしまうこともあります。

その一つが、服を脱いだら、脱ぎっぱなしのだらしないことです。

『子供ではないのだから、しっかりしてほしい!』と言っても、聞く耳を持たないことが多いです。

本当に、その態度がムカつきますよね。

18.かまってちゃん

リラックスしたい時や、落ち着きたい時は誰にでもあります。

それなのに旦那がかまってちゃんだと、そのような時間がなくなってしまいます。

話したくない時も、常に旦那の話を聞かなければなりません。

そうなってくると、段々とうざいと思ってきてしまいます。

その次は、ムカつく、嫌い、大嫌い、そして、早く死ねと思ってしまっても無理ありません。

19.清潔感がない

女性と男性の清潔感の意識の違いは大きいです。

男性が綺麗にしていると思っていても、女性は不潔だと感じることはよくあります。

特に髭や爪が伸びっぱなしだったり、髪の毛を洗っていなかったら、女性は男性を不潔だと思います。

そんな清潔感のない旦那を見ると、大嫌いになってしまうものです。

メンズコスメ BULK HOMME(バルクオム)ONLINE STORE

清潔感 髭

20.自分の非を認めない

決して自分の非を認めない旦那もムカつきます。

もちろん、妻の方が悪い場合は、問題ありません。

しかしながら、自分が悪いにも関わらず、決して認めない、謝らない旦那も存在します。

この人はそういう男性だと思おうと努力しても、やはり、どんどんと嫌いになってしまいます。

自分が悪い時は素直に謝るというのは、子供に教えることで、旦那に教えることではありません。

もう年齢では大人である旦那を変えるのは困難で、早く死ねと思ってしまうこともあります。

21.妻を家政婦扱いする

妻を家政婦扱いする旦那はムカつきますよね。

例えば、『お茶!』、『醤油!』と単語を言えば、持ってきてくれると本気で思っている旦那が存在します。

妻に対して何の思いやりもなく、家政婦としか思っていません。

そんな旦那を大嫌いになり、早く死ねと思ってしまっても仕方がありません。

22.隠れて風俗通い

隠れて風俗通いしている旦那もいます。

自分では隠せていると思っても、会員証や検索履歴などから、妻にはバレていることがあります。

旦那の風俗通いを認めている妻もいますが、基本的には、NGであることが多いです。

風俗通いしている旦那に嫌悪感を抱き、大嫌いになってしまうことは珍しくありません。

ソープではなく、ヘルスぐらいだったらいいのかといったら、そういう問題でもありません。

風俗通いが発覚したら、ムカつきますし、早く死ねと思ってしまう妻もたくさんいます。

【関連】旦那が風俗?!探偵・興信所で調査して真実を知るのが怖い

23.楽しみにしていたプリンを勝手に食べられる

些細なことですが、楽しみにしていたプリンを勝手に食べられた時は、旦那のことをムカつく瞬間です。

プリンを勝手に食べるということは、他の様々な所が、無神経なのです。

思いやりがなく、人の気持ちを考えられていません。

そんな旦那には、幻滅してしまいすし、大嫌いになってしまうこともあります。

プリン

24.『風俗で働け!』と言ってくる

旦那 死ね 怒り 風俗で働け

まさかとは思いますが、『風俗で働け!』と言ってくるとんでもない旦那も世の中には存在します。

旦那が無職であったり、フリーターなどで給料が低いケースでは、妻にたくさん稼がせようとそのように言ってくるのです。

そんな旦那は、"大嫌い、ムカつく、早く死ね"の三拍子が揃っています。

最低の男性です。

25.毎晩、イビキがうるさい

女性 旦那 いびき 騒音 うるさい 死ね

夫婦で一緒に寝ている場合、旦那のイビキが毎晩、うるさいと地獄です。

なかなか寝れないし、眠りが浅いしで、ストレスがどんどんと溜まっていきます。

三大欲求の一つである睡眠を妨害してくる旦那に、ムカつかない訳がありません。

かと言って、イビキを止めることもできず、徐々に大嫌いになっていきます。

終いには、早く死ねと思ってしまうこともあります。

このページを読んでいる人にオススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする