会社の同僚が行方不明となり、10日間連絡が取れなくなった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空 紙飛行機

会社の同僚が行方不明となり、10日間連絡が取れなくなった体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、神奈川県横須賀市在住、40歳、会社員の男性です。

朝、会社に一本の電話があり、同僚の妻から夫が自宅に帰らないと報告がありました。

それから、10日間、その同僚は会社を無断欠席します。

警察に捜索願(現:行方不明者届)も出したようですが、どうなったのでしょうか?

会社の同僚が行方不明となり、10日間連絡が取れなくなった

会社 建物

朝、会社に1本の電話

数年前の話ですが、会社の同僚が行方不明になりました。

それは、その同僚のご家族からの電話で知らされました。

朝、会社に1本の電話がきました。

「主人が昨日から自宅に戻ってないのですが、会社には出勤していますでしょうか?」と奥さんからの電話でした。

実際に同僚は、その日は朝から無断欠勤となっていて、奥さんにもその旨をお伝えしました。

前日に大きなミスをして、クライアントから強くお叱りを受けたことがあったため、かなり精神的にも弱い同僚だったので、社員一同かなり心配をしました。

電話したり、GPSで居場所の調査を試みる

当然、まず、携帯に電話をしましたが、呼び出し音はするのですが、電話に出ることはありませんでした。

次に会社のスマホを持って帰っていたため、そのスマホのGPSを使い居場所を調べようとしましたが、あいにくパスワードは本人しか分からず、その方法は使えないと判断し、奥さんにもその旨を話、今日帰ってくるかもしれないということを伝えました。

しかし、その日も結局は戻って来なかったと、次の朝に連絡がありました。

警察に捜査願いを出しに行く

そして、3日間が過ぎ、さすがにこれはおかしいと判断し、奥さんと一緒に警察に捜索願いを出しに行きました。

しかし、警察の方では、成人している大人の捜索は、一応、気を配って見るが、子供の捜索とは違って、激しく動くことはできないということでした。

それでも、見つかることを期待し、待つことにしました。

4日目には電話の電源が切れている

常に電話はしていたのですが、4日目には、電源が切れており、呼び出しすらしなくなりました。

この時点で、会社にはかなりの緊張感が走っていました。

悪い想像が思い浮かび、その緊張でした。

そして、1週間が経過しても同僚は見つからず、焦りからか、会社の雰囲気も非常に悪い状態になっていました。

その間にも奥さんとの電話のやり取りは常にしていましたが、奥さんは非常に気丈に振る舞っていて、「きっと、あの人はフラ〜と帰ってくると思いますので、そんなに心配なさらないでくださいと、社員みんなに伝えて欲しい」と言われました。

会社の車を乗って、そのまま行方不明になっているので、始めは直ぐに見つかるであろうと思っていたのですが、全く警察からは、良い連絡はありませんでした。

10日目の朝に奥さんから連絡が入る

そして、10日目の朝に奥さんから連絡が入りました。

ついに帰ってきたとの連絡でした。

疲れ切った顔をして、朝、普通にただいま〜と帰ってきたそうです。

居なくなった理由を確認したそうですが、そのことについては何も話さないとのことで、会社も困惑しました。

奥さん曰く、「きっとくだらない理由なんですよ。」と言っていましたが、会社側としては、それを聞きたいの一心でしたが、その後もその理由が判明することはなく、結局、会社のスマホや車、そして書類を奥さんが返却しに来ました。

その後

そして、そのまま退職という流れになりましたが、社員全員がスッキリとしない状態でかなりみんなイライラした様子でしたが、最悪の結果とならなかったことを喜ぼうということになり、そこからは、この話はしなくなりました。

しかし、私は今でも思い出すことが時々あります。

一体、10日もの間、どのようにして過ごしていたのか?

何が原因でそういう行動に出たのか?

ということです。

それが判明すれば、今後の対策の一つとできると思うからです。

会社に迷惑を掛けたと思うのであれば、その対策の参考として、今でも聞きたいと思っていますが、その後、同僚と会うことは一切ありませんでした。

社員一同、本当に緊張をした出来事でしたが、良い経験にもなったと思いますし、同僚も無事に帰ってきたことが何よりも良かったと思っています。

一番驚かされたのは、奥さんの気丈さでした。

やっぱり、いざという時に女性は強いですね。

管理人の解説

解説

同僚が行方不明になったとのことですが、この場合、警察に行方不明届を提出するのが先決です。

しかしながら、警察は基本的に民事不介入ですので、成人の行方不明であれば、捜査することはありません。

もしも、このような人を探したいのであれば、行方不明者捜索のプロである探偵事務所に依頼することです。

しかも、人探しに実績のある探偵に依頼することです。

ここで間違って、普段、浮気調査だけを行っている探偵に依頼してしまっては、ノウハウがありませんので、素人に毛が生えた程度の捜索となってしまいます。

ですので、その辺りはしっかりと見極めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする