車にメッセージの紙や200件以上の非通知電話!ストーカー被害

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手紙 大量

車にメッセージの紙や200件以上の非通知電話のストーカー被害に遭った体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、埼玉県所沢市在住、53歳の女性です。

職業はフリーランスで、当時は不動産売買の営業をしていたとのことです。

最初は犯人が誰なのか、まったくわからなかったようですが、意外なところに手掛かりがありました。

一体、誰がストーカー行為をしていたのか、詳細を見ていきましょう。

車にメッセージの紙や200件以上の非通知電話!ストーカー被害

非通知電話 スマートフォン

当時の生活

私がフリーランスで仕事をするきっかけになったのが、ストーカー被害でした。

今から四年前、まだ不動産売買の営業をしていた頃の事です。

その頃は私も離婚を経験し、一家の経済を担う事と子供を大学進学させ、その子の卒業を目標にがむしゃらに働く事で精一杯の毎日でした。

働いているから職場でたまに慰労会等の宴席もありましたが、ほとんど参加せずに過ごしておりました。

忘年会に参加する

が、ある年の忘年会は社内の空気もあり、参加する羽目になったのです。

その宴席はなんとか上手く切り上げる事が出来たものの、なぜか営業の仲間だけで二次回に行くとの事が決まっていて、女性は私ひとりきりでしたが、「若い娘でもないのに一緒に行ってもつまらないでしょ。」と私なりに上手にお断りしましたが、酔った男性達には「若い娘でも私みたいな熟年でも構わない。」みたいなセクハラ文言を羅列させながら、営業仲間皆でオカマバーへと向かいました。

そこではとても楽しく過ごせたのですが、営業の男性1人だけ悪酔いしたのか酒乱なのか、私に対する意地悪のような行為を始めました。

暗がりなので、私が嫌がっても周りの皆は気がつきません。

気がついてはいてもその場の雰囲気で、笑いさえ漏れている様子。

そのうち、その男性は女性の足の匂いを嗅ぐのが好きだとわめきながら、私の履いていたハイヒールを脱がせて私の足の匂いを嗅ぎ始めました。

周りから見ると私は逆さ吊りになった形でした。

苦しくて、悲しすぎて、涙も出ないくらい辛い時間でした。

解散になったのは外も明るくなる頃。

私のスーツは汚れ、少し破けた状態でしたが、冬でしたからコートを着て何事も無いように帰宅しました。

車にメッセージの紙が置かれている

それから、お正月が明け、年始の出勤の日から私の日常に異変がおこりました。

というか年末から異変らしい兆候があったのです。

というのは、私の乗る自家用車兼営業車のフロントガラスに、ワイパーに挟んでメッセージが入るようになったのです。

内容は『笑顔が好きです』や『華麗な足ですね』、『善い新年をお迎え下さい』とありましたから、てっきりあの宴席での酒乱男だと思い無視していました。

酒乱男に詰め寄る

そして、新年になり出勤した際に「ふざけるのを辞めて下さい。」と詰め寄ると、その酒乱男は自分では無いとの事。

私はあんな事をされたので、その言葉を信じる事が出来ず、毎日睨みつけていました。

しかし、2週間過ぎた頃、酒乱男の様子から本当に彼では無さそうな事がわかりました。

と共に逆に怖くなって来ました。

それなら誰だろう、と。

車のフロントガラスへのメッセージは、相変わらず毎朝入ります。

たまにドアミラーに、私の好きなスイーツが袋に入って掛けられている事もありました。

警察に届け出を出すも…

もしかして職場の仲間では無いのかもしれないと思い、警察に届けを出しました。

しかし、警察は「ご近所さんで思い当たるご友人は居ませんか?」とか、この程度の内容ではストーカーとしての検討がつかないと言われるばかりでした。

気味が悪い日々で子供にも相談したら、「夜中に車を見張ってようか?」と言って見張って居てくれましたが、そんな日は何も起こりません。

非通知の着信電話が入るようになる

家族だけでイライラするうちに、やがて非通知での電話着信が入るようになりました。

非通知での電話はとると無言でした。

本来でしたら非通知電話を受信しなくしたいところでしたが、営業の仕事ですからそんな事も出来ません。

そうして仕事を続けていても4カ月くらいした頃私の営業成績はかなり悪くなり、気持ちも鬱っぽくなってきました。

意外なところで気づく

が、そんなある日、回覧で回ってきた自治会報のメモ書きの文字が、そのストーカーと同じ字体である事に気付きました。

同じ町内会の60代の男性の文字です。

しかし、個人対個人で遣り合う気力は無くなっていましたし、もし違っていたら大変です。

私は直ぐにそれを警察に持って行きました。

警察がやっと動いてくれたのはその時です。

メッセージの紙が100枚近くあり、非通知電話も200件以上になっていました。

私の頭には、既に円形脱毛症がいくつも出来ていました。

どうしてもっと早くに分からなかったのか悔やむところでしたが、被害届も私はガンとして取り下げませんでした。

そのストーカーの奥さんは家を出たと、近所の方が言っていました。

自業自得だと思います。

管理人の解説

解説

車にメッセージの紙や何かイタズラをしていた場合、防犯カメラを設置することで、誰が犯人なのか特定できる可能性があります。

ただし、夜に犯行が行われているのだとしたら、暗闇でも撮影できる機材を用意する必要があります。

設置工事の費用を含めたら、かなりの値段になってしまいますし、必ずしも鮮明な映像を残せるとは限りません。

かといって、自分で見張っていて現行犯で捕まえるのも怖いと思います。

警察に頼りたい場合でも、ストーカー被害の証拠なしでは、なかなか動いてくれません。

そのような時は、探偵事務所に調査を依頼するのがオススメです。

探偵はストーカー対策のプロですので、どのように解決すればいいのか熟知しています。

ストーカー被害を立証し、警察の協力をあおぐこともできます。

他の体験談も読んで頂きたいのですが、ストーカー行動というのは、次第にエスカレートすることが多いです。

そうなると、被害が拡大してしまいます。

そうなる前に、早めの対策を取りましょう。

原一探偵事務所

ストーカーの統計

💡ストーカーの相談件数や被害者と加害者の関係性の統計

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする