アマゾンで買った商品の送付先が知らないマンションで浮気が発覚

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾン

アマゾンで買った商品の送付先が知らないマンションで、夫の浮気が発覚した体験談です。

この体験談を提供してれくたのは、宮崎県宮崎市在住、35歳の女性です。

夫も同年齢で、地元のガス屋の販売員をしているそうです。

浮気が発覚したのは、夫婦生活が10年の時です。

お子さんは、8歳と5歳の男の子が二人いるとのことです。

アマゾンで買った商品の送付先が知らないマンションで浮気が発覚

マンション

浮気の兆候

夫は昔から仕事が忙しく普段も帰宅が0時を超えることもザラにあり、ライフライン関係の仕事をしているので休日出勤等や急な呼び出しも多く、ほとんど家にいない月などもありました。

営業所の人員が少なく、増員がかかるまでという事で1年半程我慢していた所ようやく人が入ったという事で今までよりは家にいてくれる時間が長くなると喜んでいました。

しかし、増員後も夫の帰宅時間は一向に早くならず、休日出勤も減りません。

時期によっては閑散期があり、以前はその月は比較的早く帰宅をしてくれていましたが、その年は全くそんな気配もありません。

帰宅が遅くなる理由も、以前はハッキリしていましたが段々と濁すようになり何か怪しい気配を薄々と感じ取ってはいました。

浮気をしているんだろうと疑い、携帯電話をチェックするも特にロックも掛けずに置いています。

色々と中身を調査するも、特に怪しいものは見つかりませんでした。

それでも疑いが晴れなかったので、主人のPC等を徹底調査。

メール等や検索履歴などを見ましたが、完璧に消去してあり疑いは晴れるどころか増すばかりでした。

アマゾンの購入履歴を調べる

ところがPCからアマゾンに主人のIDでログインした所、私の知らない買い物が多数出てきました。

ゲーム機やCD、DVD等、我が家で見かけた事の無い物が多数購入されていました。

子供に買ってあげている訳でもないし、主人の部屋にもないし、送り先も私には身に覚えのない住所でした。

急いでその住所をメモに取り、次の日こっそりとその場所へ向かうと綺麗なオートロック付マンションでした。

送り先から部屋の番号もわかっているのですが、中に入る事はもちろんできません。

子持ちの主婦ですので、長時間ウロウロする事もできずその日はしばらく様子をみて帰宅しました。

家に帰ってからも、あのマンションでなにかある。

というか、浮気をしているに違いないと確信をしましたが、決定的な証拠がみつかりません。

興信所等に頼もうにもそんなお金もありません。

「仕事用」の携帯を調査

どうにか尻尾を捕まえてやろうと、毎日考えていた所、ある事に気がつきました。

それは主人の「仕事用」の携帯です。

主人は休日や夜間の呼び出しに備えて仕事用の携帯を、お風呂に入る時や寝るときまで傍に置いています。

繋がらない事があっては大変なので、子供にも触らせず私もほとんど触った事がありません。

きっとあの携帯だと女の直感が働きました。

そこである日たまたま主人が早く帰宅し、入浴中に脱衣所の片づけをする振りをして携帯をゲット。

暗証番号は子供の誕生日。

ばれないように素早く中身を確認すると、浮気相手と思われるメールが多数ありました。

私は怒りに震えましたが、ここで暴れても何にもならないので平静を装いスルー。

メールの中身から、次の土曜日にあのマンションへ行くことが分かりましたので、その日まで怒りを抑えることにしました。

あのマンションへ向かう

次の土曜日、何も知らない主人は「休日出勤になった」と言って、スーツに着替えて出て行きました。

私はすぐさま近くの実家に子ども2人を預け、あのマンションへと向かいました。

私は、主人がすぐマンションへと向かうと思っていましたが、どうやらどこかで食事をしていたようで昼過ぎの2時ごろに見知らぬ女と腕を組んでマンションへ入っていきました。

私は、ハラワタが煮えくり返る位腹が経ちましたが、ここが最後の我慢のしどころと、二人の仲睦まじい様子を形態のカメラ(動画)に納めました。

そして、その場からすぐに実家に連絡。

以前から、夫の行動が怪しいと相談していた両親のうち、父親が現場に来てくれることになりました。

到着した実父に撮影した動画を見せると、がっかりしたような顔をしていましたが、すぐに気を取り直し、出てくる夫を一緒に待ち伏せしました。

何時間待った事か長い長い時間過ぎ、夜の10時を超えた頃、夫がマンションに入る時と同じようにあの女と腕を組んで出てくるのが見えました。

修羅場

私と父は、マンションの陰からそっと近づき、夫の肩を掴みました。

あの時の夫の顔は、今でも忘れることができません。

私が女に「この人、私の主人です」というと、その一言で全てを悟ったらしく、「サイテー」と言って夫の頬を張った後、マンションへ戻っていきました。

夫も、私と父に「申し訳ありませんでした」と一言。

夫との離婚

それからは、夫の有責で離婚話がトントンとすすみ、文句なしの条件で離婚をする事ができました。

正直、不貞行為の物証がなかったので、ギリギリの条件だったと後から弁護士さんに言われました。

管理人の解説

解説

多くのケースでは、携帯電話に浮気の証拠が残されていることが多いのですが、警戒心の強い人はすぐに消去してしまうため、調査しても何もないことも多いです。

そのような時は、違った角度から調査していくと浮気の証拠を掴めることがあります。

例えば、アマゾンの購入履歴です。

商品の届け出先が、見の覚えのない住所であれば、かなり怪しいです。

その住所が浮気相手の家であったり、愛人のマンションである可能性があります。

これは、アマゾンユーザーの場合ですが、その他、楽天、ヤフオク、ヤフーショッピング、メルカリなどを調査すれば、見つかる可能性もあります。

注文履歴を削除している場合もありますが、登録してあるメールには削除されずに残っている可能性もあります。

人間ですので、すべての証拠を完璧に消去するのは難しいです。

決定的な証拠ではないにしろ、状況証拠であれば、見つかる可能性は高いです。

ただ、浮気相手のマンションがわかったからと言って、自ら突撃するのは避けた方がいいです。

そこで問い詰めても、色々と言い訳をされてしまうことが考えられます。

まずは物的証拠(例えば、浮気相手のマンションへの”出入り”の写真など)を押さえることが大切です。

物的証拠があれば、言い逃れはできません。

自分でできればお金は掛かりませんが、本人に気づかれないように鮮明な写真を撮影する技術が要りますし、出入りの写真を撮影する必要がありますので、マンションに入ってから出てくるまでずっと待機していなくてはいけません。

そのことを考えると、やはり、探偵に浮気調査を依頼したほうがいいです。

もし失敗すれば、慰謝料の金額が下がってしまうどころか、もらえないかもしれません。

そうなっては本末転倒ですので、ここはプロに任せることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする