相思相愛な夫婦だと思っていたので、夫の浮気はまさに青天の霹靂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青天の霹靂 雷 空

相思相愛だと思っていた夫が浮気した体験談です。

この体験談を提供してくれたのは、北海道札幌市中央区在住、25歳、専業主婦の女性です。

夫の年齢は37歳で、会社員で営業職とのことです。

浮気される前までは、相思相愛で、これから先もずっと幸せに過ごせると思っていたようです。

ですが、その考えは間違いでした。

夫は浮気しており、自分の裸の写真を浮気相手に送信していたのです。

それはまさに青天の霹靂でした。

相思相愛な夫婦だと思っていたので、夫の浮気はまさに青天の霹靂

相思相愛 トラブル 修復

私の夫は、私が出産後に浮気をしました。

その時に働いた女のカンや、実際に証拠集めに奮闘した時のことをお話し致します。

夫と出会い、結婚、そして出産

今から3年前のことです。

社会人になりたてだった私は、趣味がきっかけで1周り年上の夫と出会いました。

夫の大人な部分に惹かれ、交際1年で同棲、そして結婚し、すぐに子供を妊娠しました。

子供ができたとき夫は両手をあげて喜んでくれました。

私のこと生涯大事にしたいと言ってくれましたし、その言葉の通り、おなかの大きい私を懸命に支えてくれました。

周りの友人夫婦では結構お互い喧嘩をしたり悪口を言い合ったり、結婚して数年たつと価値観の違いで衝突したりとあったようで、私の家に遊びにきては旦那さんの悪口を言っている友人もいました。

しかし、私は夫と相思相愛でしたし、これからもこの先も、ずっとお互いを思いやって仲良く幸せに生きていけると思っていました。

しかし、その時は突然やってきたのです。

私にとってはまさに青天の霹靂でした。

子供も無事生まれ、主人と私は涙しながら命の誕生を喜びました。

家に帰っても相変わらず私に優しく気遣ってくれ、育児も家事も積極的に手伝ってくれました。

パソコンを開くと、見覚えのないアイコンを発見

そんなある日、いつものように玄関先で仕事に行く主人を見送りました。

そして、子供の物をそろえるためにネットサーフィンをしようとパソコンを開くと、見覚えのないアイコンが表示されていたのです。

私は何の気もなしにそのアイコンをクリックしました。

アイコンは「メッセージ」というアプリケーションでした。

どうやら夫の携帯の中に入っているメールアプリで、先日、夫の携帯とパソコンをバックアップのために同期したとき、携帯の中に入っている様々なアプリがパソコンでも同時に見れるようになってしまったのだと思います。

しかし、それを知らず、メッセージを開いてしまったのです。

メッセージを開くと、夫がやりとりしているメッセージが表示されました。

私とのものももちろんありますし、お義母さんとのやりとりなんかもあります。

しかし、その中に1件だけ不穏なメッセージがありました。

開いてみると、なんとパソコンの大画面の中に夫の自撮り写真が大きく表示されたのです。

しかも驚くべきは、その写真の中の夫は裸の状態で、私の知らない女性に自分の裸を送っていたのです。

びっくりして、その写真の前後にあるやりとりもとっさにみてしまいました。

すると、その女性に対して「早く会いたい」「今(裸の写真をに対して)こんな状態だよ」「大好き」といった言葉を大量に送信していました。

相手の方もまた、それに応えるようなメッセージを送信していました。

わたしはとてつもない恐怖に襲われ、手が震え動悸で胸が苦しくなり、その場にへたり込んでしまいました。

しかし、我に返り、夫が帰ってくる前に証拠を押さえなければと思い、すぐにメッセージのアプリをスクリーンショットしプリントアウトしました。

そしてそのスクリーンショットのデータも、パソコンからネットを使って私の携帯に送信しました。

メッセージアプリを閉じて、今度は写真のアプリケーションを開きました。

女のカンが「絶対にほかの写真もあるはずだ」と働いたのです。

すると、案の定、私の知らない女性とのツーショット写真がこれまた大量にあり、しかも不特定多数と体の関係を写している写真が沢山出てきたのです。

嗚咽しながらその写真もすべてプリントアウト、データとして私の携帯に送信しました。

夫の帰宅

その日、夫が帰ってきても、すぐにその話はしませんでした。

夕食の後、夫がリラックスしながら携帯を触っているとき、私はキッチンに行くふりをして、後ろに回り込み夫の携帯を見ました。

すると、あきらかに出会い系サイトの画面を見ていたのです。

これが最後の決め手になって、「その画面のまま携帯を床において。」と座らせ、プリントアウトしたものを床にぶちまけました。

夫は死ぬほど謝ってきましたが、関係はまだ修復できていません。

管理人の解説

解説

青天の霹靂とは、青く晴れ渡った空に、突如として雷鳴が起こることです。

この体験談で言うと、青く晴れ渡った空が、相思相愛で平和な夫婦生活で、夫の浮気が雷鳴です。

人生とは、どんなに順調に進んでいるように見えても、突如として、どん底に叩き落される可能性が誰にでもあるのです。

むしろ、順調なまま人生が終わる人というのは、非常に少ないと言えるでしょう。

人生論みたいになってしまったので、話をこの体験談に戻します。

産後の浮気だったみたいですが、このようなことはよく起こります。

例えば、『出産後に夫の態度が変化!浮気しており、証拠を掴んで離婚』の体験談もそうでした。

産後は、夫の態度が変化しやすく、浮気する確率が高くなる時期です。

育児はもちろん大事ですが、夫のケアも忘れないようにしたいところです。

また、まだ浮気の証拠を押さえおらず、さらに夫婦県関係の修復を望んでいるのであれば、探偵事務所に浮気調査を依頼することをオススメします。

その理由は、以下のページを参考にしてください。

【参考】夫婦関係修復のために探偵・興信所に浮気調査を依頼

自分だけで解決しようとすると、上記のように3年経った今でも、夫婦関係を修復できなくなってしまいます。

そうなる前に、何百件、何千件とこのような夫婦を問題を取り扱ってきたプロに相談することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする